とろ鯖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

とろ鯖(とろさば)は、真鯖の中で脂質含量が21%以上あるものをいう。もともと水産業者などが品質の目安とするための呼称であったが、寿司屋や一般家庭でも使われるようになった。

主に寒流の影響を受けた鯖に多く、代表的なものに青森県の「八戸前沖鯖」がある。漁獲量の問題から西日本で流通されることは少ない。

主な調理法[ソースを編集]