ちょきんぎょ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ちょきんぎょとは、1996年から2011年までの間、JAバンクのマスコットとして使用されたキャラクターである。

概要[編集]

古来中国「幸運と富を招くとされていた金魚をモチーフにキャラクター化したものであり、1996年の誕生当初は「ちょちくちょきんぎょ」という名称だった。

当初は、貯蓄貯金のプロモーションがメインだったが、貯蓄貯金にとらわれない展開を行う意図などから、翌年に現在の「ちょきんぎょ」に改名。以来、毎年、懸賞付定期預金・定期積金のキャンペーンの際に、小物入れポーチ歩数計などの懸賞品として登場している。2005年にオリジナルの「ちょちくちょきんぎょ」が復刻されたこともある。

懸賞はJAバンクとしてのちょきんぎょもあるが、各都道府県やJAオリジナルの懸賞もある。

2010年ごろまでの初代JASTEM上で発行された主要科目の貯金通帳のキャラクターデザインで採用されていた他、2017年ごろまでは、キャラクターデザインのICキャッシュカードとしても発行されていた。

関連項目[編集]

  • ちょリス 2012年から現在もJAバンクのマスコットとして使用されている。当キャラクターの後継にあたる。
  • ブリキの金魚(もしくはブリキ金魚)
実際の和菓子屋や玩具屋に、当キャラクターに酷似したブリキ製玩具(金魚浮かし<大~小>、金魚ジョーロなど)が発売されている。JAバンクはこれをモチーフにした説もある。
∀ガンダム』では、主人公ロラン・セアックの持ち物として、このブリキ製玩具が登場する。

外部リンク[編集]