ずぼんぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ずぼんぼとは、獅子舞の外見をした紙製の玩具和紙を材料とし、足の部分にシジミをつける。蹄を模って付けられるシジミは、錘としての役割も持つ。天明年間に登場し、浅草雷門周辺の店で売り出された。ずぼんぼの四方を小さな屏風で囲い、団扇で扇ぐことで躍らせて遊ぶ。名前は獅子舞を躍らせる時の拍子に由来する。明治以降姿を消したが、1898年(明治31年)に新年の遊びとして広島で再度流行した。

参考文献[編集]

  • 斎藤良輔「日本人形玩具辞典」(東京堂出版) 238項

関連項目[編集]