くじら橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くじら橋 (2009年2月)
鯨の親子の石像とくじら橋 (2008年11月)

くじら橋(くじらばし)は、東京都稲城市稲城中央公園と稲城第二公園を結ぶ歩道橋として、南多摩尾根幹線道路を跨ぐように建設された。橋の断面はシャープな曲線の舟底の形をしており、桁高や幅員が3次元的に変化する世界的にもユニークな橋となっている。1997年度、土木学会田中賞(作品部門)を受賞した[1]。南多摩尾根幹線道路を跨ぐ歩道橋としては、最も個性的な橋と言える。名称は、市民への公募により命名された。

橋の直下を歩くと、橋の底のコンクリート面がの胴体を思わせる曲線美を醸し出している。夜は両端が下からライトアップされ、橋体が白く浮かび上がる。近くには、鯨の親子の石像があり、見る者の目を楽しませてくれる。

橋の上の歩道の両脇にはツツジを配した植木があり、眼下には南多摩尾根幹線道路とその広い中央分離帯が見える。晴れた日には遠く東方向に、新宿のビル群や六本木ヒルズ東京タワーレインボーブリッジなどの都心の風景を見渡すことができる。

橋の概要[編集]

  • 橋梁形式
PC単径間固定式門形ラーメン

脚注[編集]

  1. ^ 田中賞受賞作品部門:平成元年~ - 土木学会公式ホームページ(2009年3月13日閲覧)

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分3.9秒 東経139度29分7.2秒