きしみ声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きしみ声
̰
IPA 番号 406
IPA 表記 [̰]
IPA 画像 Xsampa- k.png
Unicode U+0330
文字参照 ̰
JIS X 0213 1-11-83
X-SAMPA _k
Kirshenbaum

きしみ声(きしみごえ、英語: creaky voice)は、発声のひとつで、声帯前部が振動するが、後部は披裂軟骨によって押さえられていて振動しないものをいう[1]

声門化英語: laryngealization)も同義であるが、よく似た名称の「喉頭化音」は放出音のことであって、きしみ声とは異なる。

特徴[編集]

きしみ声では、気流の量が通常の声よりもかなり少ない[2]

国際音声記号[編集]

国際音声記号では、[a̰] のように、下にティルデを置くことで、きしみ声を表す。

[編集]

デンマーク語stød英語版 は、超分節的なきしみ声の一種である。

朝鮮語濃音は、平音とはさまざまな違いがあるが、これらは喉頭の緊張に由来する。きしみ声よりも緊張が弱いため、ラディフォギッドらはこれを「stiff voice」と呼んで区別している[3]

ビルマ語声調は単なる音の高さだけではなく、発声や長さなど、さまざまな要素がからむ。3つある舒声のうち、降声と抑声はどちらも高いが、

  • 降声は長く、通常は降り気味に、すこし息もれ声が加わることがある
  • 抑声は中くらいの長さで、最後が少し下がることがあり、きしみ声になる

という違いがある[4]

マサテコ語ハラパ方言では、通常の有声・きしみ声・息もれ声の3種類の発声が音韻的対立をなす[5]

脚注[編集]

  1. ^ プラム;ラデュサー (2003) p.271
  2. ^ Ladefoged & Maddieson (1996) p.50
  3. ^ Ladefoged & Maddieson (1996) pp.55-57
  4. ^ Julian K. Wheatley (1987). “Burmese”. In Bernard Comrie. The World's Major Languages. Croom Helm. p. 842. ISBN 0709934238. 
  5. ^ Ladefoged & Maddieson (1996) pp.317-320

参考文献[編集]

  • プラム, ジェフリー・K、ラデュサー, ウィリアム・A 『世界音声記号辞典』 土田滋; 福井玲; 中川裕訳、三省堂2003年ISBN 4385107564
  • Ladefoged, Peter; Maddieson, Ian (1996). The Sounds of the World's Langages. Blackwell Publishing. pp. 57-63. ISBN 9780631198154. 

関連項目[編集]