お嬢様の僕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お嬢様の僕
ジャンル 少年漫画ラブコメディ
漫画
作者 田口ホシノ
出版社 講談社
掲載サイト マガジンポケット
レーベル シリウスKC
発表期間 2017年12月27日 -
巻数 既刊11巻(2022年7月7日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

お嬢様の僕』(おじょうさまのしもべ)は、田口ホシノによる日本漫画作品。『マガジンポケット』(講談社)にて2017年12月27日より連載中。

あらすじ[編集]

執事の父とメイドの母を持つ近衛養太郎は、ハウスキーピング完璧な高校生。そんな養太郎の元にある日、西園寺翼と九条みのりが相次いでやってきた。彼女たちは、養太郎の父と母がそれぞれ仕えるご主人様の令嬢。しかも、2人揃って近衛家に居候するという。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

近衛 養太郎(このえ ようたろう)
本作の主人公。翼・みのりの専属執事。高校1年生。
ハウスキーパーに優れ、世話好きで困っている人を見過ごせない性分。一方、異性の扱いはあまり慣れておらず、免疫も薄い。ただし、遠縁にあたる凛子に対しては赤子の頃からよく世話してきた為、彼女のみ積極的に接している。
西園寺 翼(さいおんじ つばさ)
本作のヒロイン。高校1年生。
九条 みのり(くじょう みのり)
本作のもう1人のヒロイン。高校1年生。

日下第一高校[編集]

大瀬 若葉(おおせ わかば)
1年B組のクラス委員長。

その他[編集]

杉野 夏帆(すぎの かほ)
みのりの元専属メイド。高校2年生。
大胆かつ砕けた性格。みのり以上にグラマー。養太郎よりもハウスキーパーに優れ、指導役となる場合も多い。
花村 凛子(はなむら りんこ)
養太郎の遠縁。小学5年生。

書誌情報[編集]

  • 田口ホシノ 『お嬢様の僕』 講談社シリウスKC〉、既刊11巻(2022年7月7日現在)
    1. 2018年6月8日発行(同日発売[1])、ISBN 978-4-06-511671-5
    2. 2018年10月9日発行(同日発売[2])、ISBN 978-4-06-513096-4
    3. 2019年3月8日発行(同日発売[3])、ISBN 978-4-06-514509-8
    4. 2019年7月9日発行(同日発売[4])、ISBN 978-4-06-516301-6
    5. 2019年11月8日発行(同日発売[5])、ISBN 978-4-06-517586-6
    6. 2020年4月9日発行(同日発売[6])、ISBN 978-4-06-519132-3
    7. 2020年9月9日発行(同日発売[7])、ISBN 978-4-06-520484-9
    8. 2021年1月8日発行(同日発売[8])、ISBN 978-4-06-521933-1
    9. 2021年6月9日発行(同日発売[9])、ISBN 978-4-06-523490-7
    10. 2022年1月7日発行(同日発売[10])、ISBN 978-4-06-525866-8
    11. 2022年7月7日発行(同日発売[11])、ISBN 978-4-06-528493-3

出典[編集]

  1. ^ お嬢様の僕 (1)”. 講談社コミックプラス. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ お嬢様の僕 (2)”. 講談社コミックプラス. 2018年10月9日閲覧。
  3. ^ お嬢様の僕 (3)”. 講談社コミックプラス. 2020年4月9日閲覧。
  4. ^ お嬢様の僕 (4)”. 講談社コミックプラス. 2020年4月9日閲覧。
  5. ^ お嬢様の僕 (5)”. 講談社コミックプラス. 2020年4月9日閲覧。
  6. ^ お嬢様の僕 (6)”. 講談社コミックプラス. 2020年4月9日閲覧。
  7. ^ お嬢様の僕 (7)”. 講談社コミックプラス. 2020年9月9日閲覧。
  8. ^ お嬢様の僕 (8)”. 講談社コミックプラス. 2021年1月11日閲覧。
  9. ^ お嬢様の僕 (9)”. 講談社コミックプラス. 2021年6月9日閲覧。
  10. ^ お嬢様の僕 (10)”. 講談社コミックプラス. 2022年1月7日閲覧。
  11. ^ お嬢様の僕 (11)”. 講談社コミックプラス. 2022年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]