いなり楽市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いなり楽市(いなりらくいち)とは、愛知県豊川市豊川稲荷表参道周辺で表参道発展会が主催して定期的に行われているイベントである。 3月から11月までの月に一度、日曜日に開催される。 基本コンセプトは「ちょっとレトロな異空間」である。 各商店が店頭で戸板を台にして自由市を繰り広げる「元気軒下戸板市」、広場ではフリーマーケット、通りではストリートパフォーマンスが行われる。 イメージキャラクターは「ごんじい」

歴史[編集]

2003年5月4、5日の豊川稲荷春季大祭から始まった。 2006年愛知県の「平成18年度ブランド商店街」、中小企業庁の「がんばる商店街77選」に表参道発展会が認定された。 2009年4月27日「第四回まち交大賞」において表参道発展会が協力する「とよかわイナリズム地区」がアイデア賞を受賞した。 2011年2月11日に「第一回地域再生大賞」において表参道発展会が優秀賞を受賞した。

主なイベント内容[編集]

備考[編集]

日程
3月から11月までの月1回、日曜日(豊川稲荷春季大祭・秋季大祭の月は同日に振り替え)
AM10:00〜PM4:00(夜間開催の場合はPM3:00〜PM9:00)
場所
豊川稲荷表参道(門前通り)
イメージキャラクター
ごんじい: 昔の商店街を闊歩していたというオヤジを懐かしさと親しみを込め、イメージキャラクターに起用した。

外部リンク[編集]