いただきじゃんがりあん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いただきじゃんがりあん
対応機種 Windows98/Me/2000/XP
発売元 すたじおみりす
ジャンル 麻雀+アドベンチャーゲーム
発売日 2000年12月10日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
セーブファイル数 100
画面サイズ 800×600 16bit
キャラクターボイス あり
CGモード あり
音楽モード あり
メッセージスキップ 全文/既読
オートモード あり

いただきじゃんがりあん』はすたじおみりすから発売された18禁麻雀ゲーム。2000年12月10日発売。同ブランドの処女作。通称『いたじゃん』。

概要[編集]

いわゆる脱衣麻雀であるが、初版の役判定ルーチンにはバグが存在し、結果、後に開発者の一員から宇宙麻雀と呼ばれる程の豪快なルールとなってしまった。また、修正パッチファイルも発売当日から日替わりで13度に渡って供給されるという事態となった。

この不手際に対する謝罪として、後日、タイピングゲーム『いただきじゃんがりあんちょこっとあどべんちゃー』が制作され、ユーザ登録者全員に無料送付している。

なお、続編として『いただきじゃんがりあんR』が2005年8月に発売され、本作も同梱されている。

ストーリー[編集]

麻雀とエロゲーが大好きな大学生・佐藤和己は、ある日、妹・鈴音から「実家の経営するファミリーレストラン「じゃんがりあん」が経営危機に陥っている」と聞かされる。お家の一大事に和己は、得意の麻雀でライバル店舗の看板娘をヘッドハンティングしようと勇むのだが……。

登場キャラクター[編集]

佐藤和己(さとう かずみ)
- 柊★たくみ
主人公。大学の麻雀研究部に所属する。口達者で、由紀乃によれば「安直な手段で成果を挙げたがるところがある」らしく、美和やマキからは表向きバカにされている。
佐藤鈴音(さとう すずね)
声 - 藤咲かおり
和己の妹。兄には「すずめ」と呼ばれる。気が弱く、ややトロい性格。
芦屋美和(あしや みわ)
声 - 綾川りの
「港屋レストラン」の看板娘。和己とは幼なじみで、その行動に閉口させられながらも、ずっと傍にいる彼を密かに思っている。短気ですぐに手が出るが、押しに弱い。
熊谷綾子(くまがい あやこ)
声 - 青山ゆかり
食事処「浪漫亭」新人バイト。初勤務の日に転倒した自分をフォローしてくれた和己との再会を夢見て、苦手なフロア係を敢えて務めている。引っ込み思案で妄想癖がある。
太刀川マキ(たちかわ まき)
声 - カンザキカナリ
「Brand-Pierrot」のナンバー1。鈴音の親友。気が強いが要領が悪く迂闊。胸を除く自分の容姿に自信を持っている。「マッキー」と呼ばれるのを嫌う。
林檎姫(りん ちぇいふぇぃ)
声 - 原西きひろ
中華飯店「華蓮」の看板娘。とある野望を持って来日した美少女料理人。おおらかで多少のことは気にしない。純然たる中国人だが、怪しい言動のためエセ外人呼ばわりされる。
西部由紀乃(にしべ ゆきの)
声 - 関和美
ティーサロン「PEARLs」フロアチーフで、和己と美和の高校時代の先輩。生真面目で融通が利かず、つい毒舌を吐いてしまう。高校時代から和己に思いを寄せており、そのため美和に複雑な感情を持つ。合気道の心得がある。
櫓香織(やぐら かおり)
声 - 冴月まりあ
パブ「Queen」の店員。友人から花嫁修業先として「Queen」を紹介された経緯を持つ。おっとりした性格。麻雀は無知だったが、物覚えが速く、和己から渡された入門書を素早く覚えてしまう。
河合ななえ(かわい ななえ)
声 - 春野日和
「コスプレ喫茶フェレット」のナンバー1。語尾に「みう」を付ける癖がある。自身が扮する『魔法のトリマー マジカルリンス』の主人公の姉に似ているとして、鈴音を「フェレット」に引き抜こうとする。

スタッフ[編集]

  • シナリオ - 柊★たくみ紅涙妖魔 (こうるいようま)、天邪
  • 原画 - 浅葉ゆう(メイン)、南向春風(三頭身バージョン)、藤島じゅん(SD原画/4コマ漫画担当)
  • 音楽
    • 主題歌「Love Tension」
      • 作詞 - 芽吹翠 / 作曲 - clapscrap / 唄 - 不明
    • 挿入歌「キャラ作ってないみう」
      • 作詞 - 桑島由一 / 作曲 - clapscrap / 唄 - 春野日和

いただきじゃんがりあんちょこっとあどべんちゃー[編集]

致命的なバグを抱えたままの出荷や、パッチ供給の不手際に対する謝罪の意を込めて、『いただきじゃんがりあん』の登録ユーザーに無償配布されたタイピングゲーム。通称『いたちょこ』。

ストーリー(いたちょこ)[編集]

和己の大学の先輩・豊嶋青葉が「じゃんがりあん」を訪れた。ある研究のために、町内に進出しているファミレスの制服が必要だというのだが……。

登場キャラクター(いたちょこ)[編集]

豊嶋青葉 (とよしま あおば)
声 - 春野雪音
和己、美和の大学の先輩で「エディフェール」に勤める。技術者であり、一言で言えばマッドサイエンティスト。目的のためには手段を選ばず、手段のためには目的すら無視する豪快な性格。
偽!鈴音(にせすずね)
声 - 藤咲かおり
青葉によって作られた鈴音のコピーロボット。本物の鈴音との違いはヘアリボンの結びの位置と柄の悪い男言葉で喋ること。「2号」とも呼ばれる。
熊谷朋子(くまがい ともこ)
声 - 岩城由奈
綾子の妹。ななえとは級友で、『いただきじゃんがりあんR』では「フェレット」の同僚となる。シスコンの気があり、姉が思いを寄せる和己を嫌っている。
川口さやか(かわぐち さやか)
声 - カンザキカナリ
和己、美和の大学での同窓で、和己とは麻雀研究会のライバル。さらに「浪漫亭」では綾子の先輩バイト。元ヤンキーという過去を持つ。制服モデルは綾子に同じ。隠しキャラクターで、『いただきじゃんがりあん』では綾子ルートのサブキャラクターとして登場。

宇宙麻雀ルール[編集]

『R』同梱版では全てフィックスされた。

  • 九蓮宝燈和了すると主人公は即死する。(仕様)
  • CPUは他に役なしで立直をかけずにロンができる。
  • CPUは副露しない。
  • 立直後に明槓可能。
  • 立直自摸平和一盃口の複合は役満
  • 白(役牌)・清一色の両立が可能。
  • フリテンロン、役無しロン等可能。ただし罰符ではなく強制終了の制裁が待つ。
  • 一気通貫ではない。

以下の3点は『R』同梱版の本作では修正されているが、『R』本編の宇宙麻雀ルールには正式に組み込まれている。

関連項目[編集]