「アモジアキン」の版間の差分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページ「Amodiaquine」の翻訳により作成)
(相違点なし)

2018年11月1日 (木) 14:54時点における版

アモジアキン
化学的データ
化学式C20
分子量240.22 g·mol−1
テンプレートを表示

アモジアキン(amodiaquine, ADQ)はマラリアの治療に用いられる医薬品であり、マラリア原虫による合併症のないマラリアの治療に用いられる[1][2]。耐性のリスクを軽減させる為にアーテスネートとの併用が勧められる[1]。稀であるが重度の副作用があるためマラリアの予防薬としては勧められない[1]

アモジアキンの副作用はクロロキンに似ており、一般的に軽度から中等度の副作用がある[2]。稀に肝臓の支障または無顆粒球症を発生することがある[1]。過度の服用により、頭痛、不眠症、発作心停止、などが起こりえる[1]。2007年時点では詳細な研究はされていないが、妊娠中の服用は安全とされる[3]。 アモジアキンはクロロキンと同系の4-アミノキノリン化合物である[1]

アモジアキンが最初に作られたのは1948年である[4]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度に必要とされる医薬品である[5]。2014年の卸売価格は1投与約$0.01米ドルである[6]。米国では入手できない[7]アフリカでは幅広く使用されている[1][8]

出典

  1. ^ a b c d e f g Nair, A; Abrahamsson, B; Barends, DM; Groot, DW; Kopp, S; Polli, JE; Shah, VP; Dressman, JB (December 2012). “Biowaiver monographs for immediate release solid oral dosage forms: amodiaquine hydrochloride”. Journal of Pharmaceutical Sciences 101 (12): 4390–401. doi:10.1002/jps.23312. PMID 22949374. 
  2. ^ a b Olliaro, P; Mussano, P (2003). “Amodiaquine for treating malaria”. The Cochrane Database of Systematic Reviews (2): CD000016. doi:10.1002/14651858.CD000016. PMID 12804382. 
  3. ^ Tagbor, HK; Chandramohan, D; Greenwood, B (November 2007). “The safety of amodiaquine use in pregnant women”. Expert Opinion on Drug Safety 6 (6): 631–5. doi:10.1517/14740338.6.6.631. PMID 17967151. 
  4. ^ (英語) Profiles of Drug Substances, Excipients and Related Methodology. Academic Press. (1992). p. 45. ISBN 9780080861166. オリジナルの2017-09-08時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=3mP9TYffnewC&pg=PA44 
  5. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  6. ^ Amodiaquine”. International Drug Price Indicator Guide. 2015年12月4日閲覧。
  7. ^ Amodiaquine”. Livertox. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  8. ^ Centers for Disease Control, (CDC). (12 April 1985). “Revised recommendations for preventing malaria in travelers to areas with chloroquine-resistant Plasmodium falciparum.”. MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report 34 (14): 185–90, 195. PMID 3156271.