Wikipedia:ウィキメディア・コモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons) は、ウィキメディア・プロジェクトの中で、画像などのファイルを専門的に受け入れているプロジェクトです。ウィキメディア・コモンズにアップロードされたファイルは、全ウィキメディア・プロジェクトにおいて利用できます(詳しくはHelp:画像などのファイルのアップロードと利用などを参照してください)。

概要[編集]

ウィキメディア・コモンズのロゴ

ウィキペディア日本語版でも、ログインをすれば、画像や音声などのファイルのアップロードが可能となっていますが、ウィキペディア日本語版へのアップロードには若干の欠点があります。それは、日本語版独自のスペースにファイルがあるために、他言語版のウィキペディアでそのファイルを使おうと思っても利用できないということです。つまり、せっかくの素晴らしいファイルも日本語版でしか利用できません。

そんな問題に対応できるように、2004年9月7日ウィキメディア財団は新たなプロジェクトを開始しました。それがウィキメディア・コモンズ(以下「コモンズ」とも)です。

ウィキメディア・コモンズは、「製作者にお金を払う必要がないメディアファイルの集積場」(ウィキメディア・コモンズ・ようこそより)です。そして、ここにファイルを置くことで、ウィキペディアの他言語版はもちろん、ウィクショナリーやウィキブックス、ウィキニュースなどといった、全ウィキメディア・プロジェクトにおいて、そのファイルが利用できるようになります。当然ながらウィキペディア日本語版に画像を表示させることも可能です。

ウィキメディア・コモンズについての詳細な情報は Commons:Commons:ようこそをご覧ください。

コモンズへのログイン[編集]

ログインまたはアカウントの作成[編集]

コモンズへファイルをアップロードするためにはログイン・ページでログインする必要があります。2008年5月末より、ウィキペディア日本語版のアカウントを利用してログインすることが可能となりました。ただし、あなたがウィキペディア日本語版で利用している利用者名がすでにコモンズでも使われている場合は調整が必要です。詳しくは meta:Help:Unified_login/jaメタウィキメディアのページ)を参照してください。

メッセージの日本語化[編集]

ログインしたあと、個人設定を変えることで、表示されるメッセージなどを日本語に変えることができます。

  1. ログインしていない場合はまずログインします。アカウントがなければ作成してください。
  2. 個人用ツール(モノブックスキンであれば左上に表示されるメニュー)の My preferences(個人設定)を選択し、Preferences ページの User Profile(利用者情報)タブで Language(インターフェース言語)を「ja - 日本語」にします。
  3. 「Save」(設定の保存)ボタンを押すことで設定が保存され、メニュー項目などの表示が日本語になります。
  4. 設定を保存しても表示が変わらない場合は、再読み込みなどを行うことで問題を解決できます。

なお、アカウント作成時の画面を日本語にしていた場合、使用言語がデフォルトで日本語になるのでこの操作は省略できます。

ただし、日本語への翻訳を行う人が多くないため(2011年4月現在)、日本語での情報は古くなっている可能性があるので注意してください。Chatamaさん(Commonsの利用者ページ)、miyaさん(Commonsの利用者ページ)、whymさん(Commonsの利用者ページ)が日本語を母語とする管理者です。他にも日本語を第二言語として理解できる管理者もいます。

アップロード[編集]

アップロードの方法については、Help:画像などのファイルのアップロードと利用および、コモンズ内のファースト・ステップを参照してください。

アップロードの際には、次のような文書に目を通してください。

アップロードする際は、デジタルカメラが保存した名前(「IMG_00001.JPG」など)や、情報が不十分な名前(「駅前.JPG」など)は避け、ファイルの内容をよく表しているファイル名を付けるようにしてください(Commons:File naming 参照)。ファイル名が不適切と判断された場合、改名されることがあります(Commons:ファイルの改名参照)。

コモンズは多言語のプロジェクトですので、ファイル名に用いる言語は(日本語を含め)いかなる言語でもかまいません。ただし、日本語などのマルチバイト文字を扱えない環境のユーザのことを考えて、いわゆる ASCII 文字のみに限定すべきだという意見も存在します。漢字や仮名を用いたファイル名にする必要が特になければ、ローマ字や英語のファイル名にすることも考慮してください。もちろん、検討した結果日本語のファイル名になったとしても、それがいけないということはありません。

ファイルページの記入[編集]

ファイルページに記入すべき事項を説明します。アップロード時に Summary:(ファイルの概要:)に記入してもいいですし、アップロード直後にファイルページを編集して記入しても構いません。

Template:Information の使用[編集]

採用基準ではファイルを利用する上で必要な情報をきちんと記載する必要から、Template:Information の使用が推奨されています。テンプレートを使用すると Commons:File:Windrad von unten.JPG のように表示されます。テンプレートについての説明は採用基準#ライセンス、出典、その他の情報についてにあります。

コピーライト・タグの張り付け[編集]

アップロード時、ドロップダウンボックスに適当なライセンスがなかったか、あるいはライセンスを選択し忘れた場合、Copyright tags日本語ページ)から適切なタグを選び、Template:Information を使って記述した情報の下に配置してください。可能であれば、{{PD}} {{GFDL}}といった広いものでなく、{{PD-USGov-NASA}}などとなるべく特定してください。ライセンシングも参照。

カテゴリ・項目ページへの配置[編集]

ファイルのアップロードが完了したら、それらが効率よく使われるように、適切なカテゴリへと配置してください。カテゴリへの配置は、ファイルページ下部に [[Category:foo]] と記入します。(カテゴリの一覧

また、もし類似のファイルを集めた項目ページがあれば、そのページへ自分のファイルを追加することも検討してください。配置方法は、当該項目を編集して、

<gallery>
File:foo1.jpg|foo1.jpg の説明
File:foo2.jpg|foo2.jpg の説明
...
</gallery>

のように記入するだけです。Cumulus cloud などの実例を見ると早いでしょう。

具体例[編集]

以下に、比較的よくあると思われるいくつかのケースについて、具体的な記入例を挙げてみます。採用基準を読み、各項目の意味を理解した上で、参考にしてみてください。

  • コピーライト・タグについては、いずれも、アップロード画面のドロップダウンボックスでは選択しなかったことを想定しています。
  • foo, Who, bar は○○とか△△のようなものです。適当に置き換えてください。

自分が作成したファイルを直接アップロードする場合[編集]

自分が作成したファイルをコモンズへと直接アップロードし、GFDL および CC-BY-SA-3.0 でリリースして Category:bar1 というカテゴリへ配置することを想定しています。

{{Information
|Description=Photograph of [[w:foo1|foo1]]. / Schematic of [[w:foo2|foo2]]. など
|Source={{Own}} ←このテンプレートを使うと「自分が作成したファイル」である旨が閲覧者の設定した言語で表示されます
|Date=YYYY-MM-DD ←このフォーマット(年-月-日)で記入すると閲覧者の設定した言語で年月日が表示されます
|Author=~~~
|Permission=GFDL, CC-BY-SA-3.0 ←無記入でも可。その場合、下記のライセンス・テンプレートを参照せよという内容が閲覧者の設定した言語で表示されます
|other_versions= ←他の作品を元にして作成したファイルである場合、元作品へのリンクをここに記入。元作品がなければ空欄のままで可
}}
{{Self|GFDL|cc-by-sa-3.0}}
[[Category:bar1]]

タグの選択肢としては、他にもいろいろ考えられます。

著作権を放棄する場合は、{{PD-self}} とします。日本の著作権法の下では著作者人格権を事前に包括的に放棄することはできないと理解されていることから、日本国内ではパブリックドメインにはできないという議論も一部にはありますが、アメリカ合衆国法でも、他国では著作者人格権として保護される利益を(一部の視覚芸術著作物を除き)著作権法とは別の法領域で保護していると理解されているため、著作権法上の制度になっていないに過ぎません。また、テンプレートをよく見ると「パブリックドメインの適用が法的に不可能な場合」に関する記述もあるので、あまり気にする必要はありません。どうしても気になるのであれば、{{Cc-zero}}を選択する方法もあります。また、著作権は放棄しないけれども事実上の放棄に近い態様のものとして、{{Copyrighted free use}} というものもあります。

他言語版利用者が作成したPD画像を移入する場合[編集]

英語版から
英語版の Who1 という利用者が作成した File:foo3.jpg というPD画像をコモンズへ移入し、Category:bar2 というカテゴリへ配置することを想定しています。
{{Information
|Description=Copied from [[:en:File:foo3.jpg]]: "..."
|Source=The original image was uploaded on en.wikipedia as [[:en:File:foo3.jpg]]
|Date=YYYY-MM-DD(年-月-日)
|Author=[[:en:User:Who1]]
|Permission=[[:en:User:Who1|The author]] put it into the Public Domain
|other_versions=
}}
{{PD-user-en|英語版での利用者名}}
[[Category:bar2]]
英語以外の言語版から
ドイツ語版の Who2 という利用者が作成した File:foo4.jpg というPD画像をコモンズへ移入し、Category:bar3 というカテゴリへ配置することを想定しています。ドイツ語版でない場合は、de: を fr: などの対応するISOコードに変えれば同様です。
{{Information
|Description=Copied from [[:de:File:foo4.jpg]]: "..."
|Source=The original image was uploaded on de.wikipedia as [[:de:File:foo4.jpg]]
|Date=YYYY-MM-DD(年-月-日)
|Author=[[:de:User:Who2]]
|Permission=[[:de:User:Who2|The author]] put it into the Public Domain
|other_versions=
}}
{{PD-user-w|de|User|ドイツ語版での利用者名}}
[[Category:bar3]]

Web上のPD画像を移入する場合[編集]

アメリカ海軍系のサイトから移入した File:FA-18F vapor over wings 1.jpg を例にしてみます。

{{Information
|Description=Quote from [解説ページのURI description page]:
 "''An F/A-18F Super Hornet...''"
|Source=[画像そのもののURI(最後が.jpgとか) source page]
 from [解説ページのURI description page]
 on [画像のあるウェブサイトのURI(最後がindex.htmとか) Navy NewsStand]
|Date=Quote from [解説ページのURI description page]: "''Sept. 25, 2004''"
|Author=Quote from [解説ページのURI description page]: "''U.S. Navy photo by...''"
|Permission=Quote from [PDだと言っているページのURI privacy notice page(とか)]:
 "''All information on this site is public domain....''"
|other_versions=
}}
{{PD-USGov-Military-Navy}} ← アメリカ海軍からもってきたので
[[Category:Contrails]] ← カテゴリでなく記事へ配置するのが慣例の分野もある

  • この例ではたくさん Quote(引用)していますが、やや極端かもしれません
  • Permission(使用許諾)について - アメリカ政府関連などでPD画像を提供しているサイトには必ず使用条件を示すページがあるので、そのURIを示して(つまりそのページへと外部リンクして)、かつ「このサイト内の画像はPDである」と明示している文を引用するといいでしょう。ページ名としては Copyright Notice, Privacy Policy, Privacy Notice, Terms of Use などがあります。

以上のような例の他にも色々なケースが考えられます。採用基準に挙げられている画像を始め、実際の使用例も参考にして下さい。

翻訳[編集]

ウィキメディア・コモンズは多言語プロジェクトですが、ファイルをアップロードする際には共通語である英語が用いられるのが基本です。しかし、「英語にあまり自信がない……」という方も少なからずいらっしゃるのも事実です。そこで、英語で概要を書くのが難しい場合は、とりあえず日本語でお書きください。

その後 Commons:Template:Requested translations で、内容に従い翻訳してほしいことを伝えてくだされば、見かけただれかが英訳してくれることでしょう。いつ翻訳が終わるかは内容次第なので、「完了しました」の通知が来るまで、そのファイルのことは忘れて気長にお待ちください。同時に「外国語ならまかせろ」な心強いボランティアも募集しています。

ウィキメディア・コモンズにアップロードできないファイル[編集]

ファイルを他のプロジェクトでも直ちに利用可能にするため、ファイルのアップロードは、ウィキペディア日本語版ではなく、コモンズに行うことが強く推奨されます。しかし、著作権の準拠法の方針に関する扱いの差異により、ウィキペディア日本語版にはアップロード可能でも、コモンズにはアップロードできないファイルもあります。

その一例として、日本の著作権法とアメリカ合衆国の著作権法の下では、著作権の保護期間が満了しており、これらの法域ではパブリックドメインであるのに対し、著作物の本国(ベルヌ条約5条4項を参照)では保護期間が満了していない場合があります。コモンズの方針では、著作物の本国と米国で自由に利用できるファイルのみを受け入れ対象としているので、例にあげた状態のファイルは、コモンズでは受け入れ対象にはなりません。したがって、著作権の保護期間の満了を理由としてファイルをアップロードする場合は、どの法域で保護期間が満了したのかを検討した上で、コモンズにアップロードするか、ウィキペディア日本語版にアップロードするかを選択する必要があります。

関連項目[編集]