WWEヴィンテージ・コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WWEヴィンテージ・コレクション』 (WWE Vintage Collection) は、アメリカプロレス団体WWEが毎週海外向けに放送するテレビ番組の一つである。

概要[編集]

Heatの放送終了を受けて、2008年6月8日放送開始。1970年代から1990年代前半にかけてビッグ・アリーナで行なわれた名勝負、名場面を1回当たり4 - 5試合をハイライトで放送する。当時WWEに参戦していた日本人レスラーも登場する(これまでブル中野アジャ・コングなどの試合が放送された)。

日本を始め、ヨーロッパやオーストラリアなど海外向けに放送され、アメリカ国内で放送されていない(アメリカでは別番組が放送されている)。

コメンテーターはジーン・オーカーランドが務める。

日本では他番組と同様、3週間遅れで放送されていたが、2008年12月 - 2009年2月まで休止期間があったため、現在ではヨーロッパより約2か月遅れの放送となっている。2011年1月でレギュラー放送が終了し、今後は特番前の特別番組として放送される。