Template:Math

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

このテンプレートは HTML または wiki のマークアップの数式を、MathJax 風に出力します(MathJax はウェブ上で動く TeX のインタプリタ)。このテンプレートは CSStexhtml クラスを利用しており、これによって周りのサンセリフ・フォントと一致するようにセリフ・フォントの大きさが調節されます(詳細は後述)。また、テンプレート内の数式は折り返しされなくなります。

このテンプレートは、複雑でない数式に対して <math>...</math> タグの代わりに使用することを目的としています。

使い方[編集]

数式をテンプレートで囲うことで利用できます。 等号 (=) や縦線 (|) を用いる場合は {{=}} や {{!}} などのテンプレートを利用するか、文字参照をして下さい。 等号に関しては、math テンプレートの引数名を明示することで、通常の半角イコールを利用することもできます。この利用法は、たとえば数式中に HTML 要素があり、その style などを指定している場合などに用います。

[編集]

{{math|''f''&thinsp;(''x'') {{=}} ''b''<sup>''x''</sup> {{=}} ''y''}}
f (x) = bx = y
{{math|sin &pi; {{=}} 0}}
sin π = 0.
{{math|{{intmath|int|0|+&infin;}} e<sup>&minus;''x''</sup> d''x'' {{=}} 1}}
0+∞ ex dx = 1
'''{{math|{{sqrt|{{sfrac|1|2}}|.}} × {{sqrt|{{sfrac|1|3}}|.}} {{=}} {{sqrt|{{sfrac|1|6}}|.}}}}'''
1/2 × 1/3 = 1/6

等号と絶対値について[編集]

等号 (=) を含む数式を書く際に、以下のように記述してしまうと正しく数式がレンダリングされず、空白として表示されます。

間違ったコード 1
{{math|1 + 2 = 3}}

これを回避するためには引数名を "1=..." のように明示するか

正しいコード 1.a
{{math|1=1 + 2 = 3}}1 + 2 = 3

{{=}} テンプレートを利用します。

正しいコード 1.b
{{math|1 + 2 {{=}} 3}}1 + 2 = 3

注意しなければならないのは、1.b の対処法を用いたとしても、HTML 要素を数式部分が含んでいる場合には注意が必要です。

間違ったコード 2.a
{{math|''x<sub>k</sub>''<sup style="margin-left:-0.5em">2</sup> = ''k''}}
間違ったコード 2.b
{{math|''x<sub>k</sub>''<sup style="margin-left:-0.5em">2</sup> {{=}} ''k''}}

この場合は、1.a のように引数名を明示してやる必要があります。

正しいコード 2
{{math|1=''x<sub>k</sub>''<sup style="margin-left:-0.5em">2</sup> {{=}} ''k''}}xk2 = k

同様の問題が縦線 (|) の場合にも生じます。ノルム絶対値を表現するのに | を用いますが、これはテンプレートの引数指定をする際に区切り文字として使用されているため、代替の文字で置き換えなければなりません。

間違ったコード 3
{{math||''f''(''x'') − ''a''| < ''ε''}}f(x) − a

この問題を回避するために {{!}} や {{mabs}} などのテンプレートが用意されています。

正しいコード 3.a({{!}} 使用)
{{math|{{!}}''f''(''x'') − ''a''{{!}} < ''ε''}}|f(x) − a| < ε.
正しいコード 3.b({{mabs}} 使用)
{{math|{{mabs|''f''(''x'') − ''a''}} < ''ε''}}|f(x) − a| < ε.

オプション[編集]

以下の引数がオプションとして存在します。

  • big = 1 : 数式が通常の 165% の大きさに表示されます。
  • size = font-size : フォントの大きさを指定したい場合に使います。
指定なし
{{math|1 + 2 {{=}} 3}} です。→ 1 + 2 = 3 です。
big = 1 指定
{{math|big=1|1 + 2 {{=}} 3}} です。→ 1 + 2 = 3 です。
size = 1.18em 指定
{{math|size=1.18em|1 + 2 {{=}} 3}} です。→ 1 + 2 = 3 です。

テンプレートデータ[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Math

{
"description": "This template formats markup generated
             mathematical formulas with HTML and CSS. 
             The template tries to match the size of the serif font 
             with the surrounding sans-serif font. 
             The template also prevents line-wrapping. 
             Use this template for non-complex formulas as 
             an alternative to using the <math> format.",
"params": {
  "1": {
    "label": "formula",
    "description": "wrap an inline formula in wikitext.",
    "type": "string",
    "required": true
  },
  "big": {
    "label": "bigger font size",
    "description": "if set to ‘1’, this will render the formula 
                 in a bigger font size, increased to 165%",
    "type": "string",
    "required": false
  },
  "size": {
    "label": "custom font size",
    "description": "use this to specify your own font size",
    "type": "string",
    "required": false
  }
}}

[編集]

フォントおよびフォントサイズは、MediaWiki:Common.css で定義されている texhtml クラスを利用して、Windows, OS X, Linux 上で見つけた共通の規定フォントを比較して決定され、フォントの x-height (文字 x の高さ)が合うように 118% の大きさにスケールされます。ただし、(あなたを含め)必ずしもすべての人が規定フォントを利用しているとは限らないことに注意しましょう。もしあなたの環境で、周囲のテキストとレンダリングされた数式の大きさがマッチしていなかった場合、個人の CSS を編集して調整しましょう。たとえば、DejaVu Sans および DejaVu Serif フォントはスケーリングする必要がありません。DejaVu フォントを使う場合には、span.texhtml { font-size: 100%; } とすることで正常に表示されます。

texhtml というクラス名は、TeX レンダラーからの名残で、かつては個人設定から TeX で書かれた簡単な数式を HTML テキストとして表示させることができました。この機能は既に取り除かれていますが、HTML で書かれた数式に対しては同じクラス名が継続して用いられています。

関連項目[編集]

  • {{Mvar}} - 斜体の変数
  • {{Sqrt}} - 平方根
  • {{Radic}} - 一般の冪根
  • {{Sfrac}} - 縦書きの分数
  • {{Overset}} - 文字を上に置く
  • {{Underset}} - 文字を下に置く
  • {{Overline}} - 上線を引く
  • {{Tilde}} - チルダをつける
  • {{Hat}} - ハットをつける
  • {{Dot}} - ドットをつける
  • {{Ddot}} - ダブルドットをつける
  • {{=}} - 等号
  • {{!}} - 縦線
  • {{!!}} - 縦線 2 本
  • {{Mabs}} - 絶対値
  • {{Intmath}} - 積分記号
  • {{Sum}} - 和の記号
  • {{Sup}} - 上付き添え字
  • {{Sub}} - 下付き添え字
  • {{Sup sub}} - 上下添え字
  • {{Su}} - 上下添え字