TSF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TSFとは、異性への性転換を扱うフィクションのジャンルにおける略称である。英語においては: transgender fictionまたは略称のTGという用語が別にあったが、日本では: transsexual fictionまたは : transsexual fantasyと呼称され、その頭文字からTSもしくはTSFと略称されている(なお、確定した日本語における呼称は現時点では存在しない)。

概要[編集]

いわゆる「変身譚」を扱うことになり、異性となることによる服装(異性装)、言葉遣い、心境の変化を通じて、社会における性差を浮き彫りにする効果を与えるものとして用いられることが多い。古代ローマの『転身物語』において、女性から男性に変わったイピスカイネウスの伝説、男神ユーピテルが女神ディアーナに変身、女性化してニュンペーであるカリストーと同性愛的に睦みあう伝説など、その歴史は古い。

現代においても、小説、漫画、映画、ゲームなどにおいて幅広く使われるモチーフとなっている。特に、アダルト系のフィクション(アダルトゲーム、成人向け漫画・小説等)において広く見られる。現代におけるTSF作品の多くは男性から女性への性転換を取り扱ったものとなっており、その逆を取り扱ったものは数が少ない。

手法による分類[編集]

フィクションにおける性転換に使われる道具立てとしては、下記のようなものがある。

  • 手術
    • 現実社会で行われている医学的な性転換手術
    • 現在の科学技術では不可能とされているDNAレベルからの改造手術
    • 脳を異性の体に移植する手術
  • 変身
  • 入れ替わり
    • 男女の精神が入れ替わる。
  • 憑依
    • 精神が異性の体に憑依する。
  • 仮性半陰陽
    • 性器の外見が男性に近い物だったために男性として育てられたが、第二次性徴を迎えて女性であることが判明するもの。またはその逆。
  • 病気
    • 男性(女性)の肉体を女性化(男性化)・女体化(男体化)する伝染病、およびその効果を持つウイルス、細菌。

TSFと似た作品のジャンル[編集]

以下のようなジャンルの作品は、しばしばTSFと混同されたり似た嗜好の方向性ととらえられることもあるが、別種のジャンルを形成している。たとえばTSFとふたなりを両方好むファン(個人)も存在しうるが、基本的にはファン層もそれぞれ別である。

女装ものおよび男の娘にはTSFと一部重なる部分はある。ちなみにTSFでは、肉体が実際に(特に手術や薬品により)変わってしまう展開に抵抗感や嫌悪感を持つ人も多いためにファン層が限定されやすいが、男装・女装はより広い範囲の読者に受け入れられやすい。
  • 似た顔の男女が入れ替わって生活する
とりかへばや物語』などが当てはまる。
  • 体は男性のままで顔だけ女性の顔になる
プリティフェイス』などが当てはまる。
これは一般にSM系の作品になりやすく、しばしば去勢される過程が詳しく記述されていたりする。
  • 部分変身や部分交換
体の一部だけ(たとえば手だけとか足だけとか)変化したり入れ替わったりするもの。フェチ系に近い。
裏切りは僕の名前を知っている』、『機巧童子ULTIMO』などが当てはまる。
  • 皮モノ
仮称として使われる「皮モノ」という呼称を使用するが、着ぐるみのように、人間が「皮」を被って異性に変身するプロットである。言うまでもなく、現代の技術や科学では、着用しただけで完璧に異性に偽装できる「皮」と言えるものは存在しないため、ファンタジーとならざるを得ない。広義には、異性装のバリエーションとも言える。

代表的な作品[編集]

アニメ・コミック・ライトノベル(メディアミックス作品)[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

文学作品[編集]

美術作品[編集]

関連項目[編集]