RUNE II 〜コルテンの鍵の秘密〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RUNE II 〜コルテンの鍵の秘密〜』(ルーン2 コルテンのかぎのひみつ)は、2003年5月23日フロム・ソフトウェアからニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたカードアクションRPG

前年に発売された『RUNE』の続編である。本作は発売前に体験版がゲーム雑誌『ニンテンドードリーム』に付属された。この体験版ではリズのコスチュームが専用のものとなっている。

概要[編集]

フロム・ソフトウェアのニンテンドーゲームキューブ参入ソフト第2弾。前作からの追加点は、

  • カードの種類が大幅に増加した
  • カードのデザインが全て一新
  • カメラの位置を自由に変えられる様になった
  • 属性に機械族が追加
  • カードの種類に主人公がモンスターに変化する「変化型」クリーチャーが追加
  • 戦闘が前作の様に別空間で行なわれなくなった
  • ロックオン機能が追加され、それぞれのクリーチャーだけに狙いを絞れるようになった
  • VSモードで他キャラクターを使える様になった
  • ステージ中でカードを捨てても、デッキの一番下に戻る様になった
  • 「Zエフェクト」というコマンドで、弱いカードでも戦況を一転できる様になった
  • 特定のカード同士で強力なコンボが使える様になった
  • エンディングが2パターンになった
  • 前作のBGMがカードで聞ける様になった

変更点もあり

  • 音声が英語になった(製作中では日本語だった)
  • ロード中のNOWーLOADINGの文が動かせなくなった
  • クリーチャーが6体全くの別物に変わった
  • 特定のクリーチャーが召喚型から武器型に変わった
  • 敵クリーチャーを捕まえるのに「キャプチャーカード」という専用カードが必要になった
  • ダメージ量による移動速度の減速、息切れなどが前作よりも激しくなった

以上の様な追加点と変更点がある。前作同様、主人公に女性を起用。

主要人物[編集]

リズ
主人公。幼少期に捨てられてしまい、盗賊団「蝶の目」団長ヴィクトールに気まぐれで拾われ、現在に至る。クリーチャーを扱う事の出来る、「蝶の目」唯一の「鍵」の持ち主。しかし、「鍵」を使えるが故ヴィクトールからは仕事を押し付けられるばかりであった。拾われたのも、おそらくは「鍵」でクリーチャーを扱える為だったのかもしれない。その後コルテンの王であるマッコイ8世から自身の持っている「鍵」を狙われ、襲われる。現オランジュ国女王と容貌が瓜二つで、しばしば女王と間違えられる。過去の記憶を無くし、度々謎の「少女」と出会うが、彼女とリズの関係は…
ソル
「蝶の目」の一員。常にリズを見守っていて、リズの仕事をサポートしようとするもヴィクトールに反対されてしまう事も。団員唯一の剣術使いで、特定のステージではリズと共に戦う。(但し彼が戦闘不能になった場合は強制的にギブアップになる)リズの過去を知っている様だが…
プレイヤーの行動次第で彼の結末は大きく変わる。
ヴィクトール
盗賊団「蝶の目」の団長。リズの育ての親。団長ではあるが当本人はさほど仕事をしておらず、大体はリズなどに押し付けている。コルテンによる盗賊狩りで「蝶の目」のアジトを奇襲され、腹いせにコルテンの鍵を盗もうとするが…
女王
現在のオランジュ国の女王で、本名リュシエンヌ。リズの事を知っているようだが何故か出会った時から憎悪感を剥き出しにし、リズの「鍵」を強引に奪った上、彼女を幽閉する。

外部リンク[編集]