PPAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PPARの働き

細胞生物学においては、peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR:邦訳は確定的ではないが、「ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体」など)は殆どの脊椎動物において発現している核内受容体の一種のことである。細胞内のペルオキシゾームの増生を誘導するレセプターとしてアフリカツメガエルにおいて初めて発見され炭化水素脂質タンパク質等の細胞内代謝と細胞の分化に密接に関与している転写因子群であるとされている。

PPAR-α[編集]

PPAR-γ[編集]

  • PPAR-γは3つのフォームが知られている
  • PPAR-γはプロスタグランジンJ2を生理的リガンドとして活性化され、筋肉でのグルコース取り込みを活性化する。
    • 外因性リガンドとしてはトログリタゾンやピオグリタゾンのようないわゆるチアゾリジン系の薬剤がある。
    • PPAR-γは組織のインスリン感受性を亢進させるといわれており、糖尿病治療のターゲットの一つとなっているほか、免疫過程への関与も指摘されている。