Mark 22 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mark 22
タイプ 核爆弾
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍(計画)
開発・生産
開発期間 -1954年(開発中止)
生産数 なし
要目
核出力 1Mt(計画)
弾頭 熱核弾頭
直径 51インチ
重量 18,000ポンド
テンプレートを表示

Mark 22アメリカ合衆国が開発していた核爆弾。カルフォルニア大学放射線研究所(後のローレンスリバモア国立研究所)が初めて設計した核兵器である。

熱核弾頭であり、サイズは直径51インチ、重量18,000ポンド。核出力は1Mtを計画していた。キャッスル作戦クーン実験(Castle Koon)の装置を基にした設計である。しかしながら、1954年4月7日に行なわれたクーン実験は不完全核爆発であり、プライマリーは起爆したものの、セカンダリーの核融合反応が非常に小さく、実験は失敗した。このため、1954年4月に実験兵器TX-22の段階で開発は中止され、実用化はなされなかった。