M1-92

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M1-92
Minkowski 92.jpg
両側の2つの玉ねぎ型の構造で非常に独特な形のM1-92[1]
星座 はくちょう座
視等級 (V) 11.7
視直径 8 × 16 arcsec
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 36m 18.0s
赤緯 (Dec, δ) +29° 33′ 00″
別名称
別名称
Footprint Nebula, IRAS 19343+2926
■Project ■Template

M1-92(ミンコフスキー92)は、はくちょう座の方角にある若い惑星状星雲である。1990年代にハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された。双極性星雲で、中央の恒星から2つのローブが放射している。「足跡星雲」という愛称がつけられている[2]

出典[編集]

  1. ^ Rare Cosmic Footprint”. Picture of the Week. ESA/Hubble. 2011年7月13日閲覧。
  2. ^ Cloudy Starts 惑星状星雲の形成に関連して 田村眞一 185p 日本天文学会 天文月報

外部リンク[編集]