MÄRΩ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MÄRΩ』(メルオメガ)とは、漫画星野倖一郎・原案安西信行少年漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)誌上において、2006年39号から2007年28号まで連載。単行本は全4巻。

安西信行のサンデーコミックス『MÄR』の世界の6年後を描いた続編。設定内容は前作「MÄR」を受け継いでいるが安西信行は原案のみで、漫画は星野倖一郎が担当している。

あらすじ[編集]

舞台は、前作から6年後のメルヘヴン。少年カイがバッボを偶然見つけるところからストーリーは始まる。

登場人物[編集]

MÄR』からの登場人物については、MÄRの登場人物も参照。

カイ一行[編集]

カイ
主人公。山間の町ハーナウに住む、この世界の英雄・ギンタに憧れる少年。両親を早くに亡くしÄRM職人の養父に育てられた。誰でも使う事の出来るフェイクÄRMすら使えないが、バッボを持ち上げる事が出来た。親の形見のマジックストーンを使ってガーゴイルが出せる辺り、魔力はある模様。だが、ガーゴイル(バッボ)の制御が出来なくなり暴走してしまった為、マジックストーンをアルヴィスに預けた。明るく活発だが、少々ウジウジした性格らしい。実はバッボの血族らしく、フェイクÄRMに関する記憶を封印したマジックストーンの回収をカルデアの長老に頼まれる。インガとは口喧嘩をしながらではあるが、なかなかのコンビネーションを発揮。1度受けた恩は10倍にして返すらしく、エリサ曰く何かをして誰かが喜ぶのが嬉しいらしい。人魚曰くカイとバッボは300年振りに再会した親子との事だが、詳細不明のままに終わった。
命名は『雪の女王』に登場する少年の名から。
バッボ
前作から引き続き登場。ウォーゲーム後、池に落ちてしまいカイが通りかかってくるまで眠りについていた。マジックストーンを全て抜かれた為、今作ではカイが親の形見として持っていたものが最初の1つとなる。前作に比べ、少し性格が丸くなっている。
元はカルデアの先代長老で、フェイクÄRMを作ったウンヴェッターを討つ際に自分も肉体を失いÄRMに人格を転送した。この時一度死んだカイに自分の命を譲る為にフェイクÄRMの原理を使ってしまったらしい。フェイクÄRMを封印する為に人間時代の記憶をマジックストーンに封じており、そのストーンはメルヘヴン全土に散らばっている。
カイ達と共にマジックストーンを集めて「オメガシステム」を完成、それによってフェイクÄRMを根絶。人間時代の記憶は戻らなかったが、それを気に病むことなく、カイと共にハーナウで暮らす。
エリサ
ハーナウに住む少女。カイの幼馴染み。ÄRM大会ハーナウ地区で優勝するほどのフェイクÄRMの使い手。基本的に明るく前向きな性格で、ÄRMを使えないカイに「カイは私が守ってあげる!」等という発言を平気でする。ハーナウの人々が町ごと封じられてしまった時、免れた町民は彼女とカイだけであり、町の人々を取り戻す為にカイと共に立ち向かう事を決意。ドロシー曰く、ネイチャーÄRMに向いているらしい。カイの事が好きだが、それ故カイとゲルダの関係を気にする。最終回ではカイへの想いを打ち明けないうちに、ゲルダに先を越される形になってしまった。但し、恋のライバルではあるものの最終巻の表紙の描写などからは2人の関係は悪くは無い模様。
インガ
カルデアに住む少年。本名「インガ・リド・ウンヴェッター」。フェイクÄRMの作り手・ウンヴェッターの子孫。彼の一族は過去のフェイクÄRM事件を自分達で決着出来なかった事に負い目を感じており、今回の事件を汚名返上の機会として躍起になっている。その為この件に首を突っ込んできたカイに邪険な態度を取りがちではあるが、彼の事は一応認めている。
ウンヴェッターがアトモスの道具にされてしまった為に自分の手で討つ事はできなかったが、カイ達のおかげで虚しさに囚われずに済んだ。戦いの後はカルデアの人々と打ち解ける努力をする事を誓う。

元「メル」のメンバー[編集]

前作から引き続き登場。バッボについては「カイ一行」の項を参照。

アルヴィス
フェイクÄRM関連の事件を調べ、ハーナウに来ていた。バッボに辿り着いたのは偶然らしい。服装は変わっているが外見的特長は特に変わっておらず、クロスガードのピアスをしている。カイのマジックストーンを預かる。前作と同じく13トーテムポールを使う。クロスガード本部に向かう為、カイ達の旅には同行せず。現在22歳。
ドロシー
思慮深い大人の女性に成長した。ÄRM回収の旅を終え、故郷であるカルデアで暮らしている。カルデアの防衛の為カイ達のマジックストーン回収には同行しないが、代わりにエリサにÄRMを与えナナシを紹介する。
ナナシ
6年前のウォーゲームに出場した為、盗賊である事が露見し、地主に討伐隊を送られており、仲間は逃がしたが自分はルベリアのアジトに残っている。現在は盗賊稼業を休み、カイ達のバッボのマジックストーン回収に協力する。6年前同様、雷のÄRMを使う。フェミニストでノリの軽い性格や関西弁も相変わらず6年前のまま。容姿において若干、髪が伸びている事と、前作よりも目を隠す事が、少ないと思われる。今作でもルベリア入り前の素性は不明だった(もしその正体が「烈火の炎」のジョーカーで、かつ26歳という当時の自称年齢が正確なら、現在32歳以上ということになる)。
アラン
現在はレスターヴァ城で、スノウらしき人物(平和の象徴)の護衛をしている。
ジャック
メルヘヴン中の植物を研究している。また、パノと結婚したが、すっかり尻に敷かれている様子。現在、夫婦で先を急ぐ旅をしている。カイがヤクト戦後に倒れた所へ通りかかり、看護するエリサに薬草を提供した。現在20歳。
虎水ギンタ
前作の主人公。メルヘヴンを離れ自分の世界に帰っているが、カイがオメガガーゴイルを使った際に次元を越えてその魔力を感じ、今もメルヘヴンの人々を守る為に闘う者がいる事を確信した。体格は父に似てきている。母同様に童話作家を志しているらしく、ジャックを主人公にした話を構想中。小雪との交際も続いている様子。現在20歳。

チェスの残党[編集]

ポズン
前作でウォーゲームの審判をしていた。服はちょっとボロボロになっており、財布を首にかけている。各地で大会の審判をやっている。実はカルデアより歴史が古い種族の一員で、現在は自分の村(前作のアニメ版に出た村とは大分様子が異なる)に戻っている。ポラリーノという婚約者がいる。
正式名称不明
元チェスの兵隊を名乗る男。バッボが見つかった湖の近くで金品や食料を強奪していた。6年の眠りから覚めたバッボとカイによって倒される。前作の登場人物のフーギという説があるが、仮面のデザインが若干異なる為、実際のところは不明。
ガリアン
元ナイトクラス(ゾディアック)。服装や顔など容姿は変わっていないが、ナナシと共に行動をしていたため、ルベリアに戻ったと考えられる。
パノ
元ルーククラス。ジャックと結婚していた。セリフと手のみ登場。

ウンヴェッター一味[編集]

ウンヴェッター
300年前にフェイクÄRMを作ったカルデア出身者。当時の長老だったバッボに倒された筈だったが、大樹に多数の宝玉が付いた様な姿(恐らくバッボ同様ÄRMに人格を移したと思われる)で生き長らえていた。カイ一行と相見えた際にはブロックが連なった様な姿に変わっていたが、アトモスに裏切られÄRM「アーク」もろとも彼の道具になり果てた。

マスターピース[編集]

アトモス
フェイク使いのリーダー格。王だった亡父に道具扱いされていた反動で、かなり自己中心的な性格。ゲルダに死んだ妹を重ね合わせ、執拗なまでに固執した。王国が天災で壊滅した際に一度死んでフェイクÄRMで命を保っていた為、カイとの戦いに敗北した際、フェイクÄRMと共に消滅した。
黒のヤクト
右目にフェイクÄRMを埋め込んでいて、巨大な犬のような姿に変身できる少年。変身する前の姿では、頭から犬のような黒い耳が生えている。
名前不明
全身を黒いスーツで着込んだ男。マジックストーンを奪い逃走した。ナナシの全力の攻撃すら通じなかった。
名前不明
少女のような外見。巨大な盾(?)のような姿に変身できる。ウンヴェッターの元へとつながる階段を出した
名前不明
巨漢。岩を持ち上げるほどの怪力を持つ。腕を岩のような大きな手に変化できる。
名前不明
青年のような外見。腕をコウモリのような羽に変化できる。

その他[編集]

クーゲル
ハーナウの町を封じた張本人。貴族の出身で、アトモスとは幼馴染。用済みと見なされヤクトに倒されそうになったことで怒り、ハーナウの町を開放した。その後はヤクト共々人魚に島ごと封印され、カイとバッボによりフェイクÄRMが完全に消滅したことにより自由になった。
ゲルダ
寡黙な少女。カイ達と同様に自分の住む村をÄRMの中に閉じ込められている。自己主張が弱く、強引なモラスクに押し切られる。だが、自分の事しか考えていないモラスクを見捨てた。カイの真っ直ぐな言葉と性格に惹かれるも、アトモスの攻撃からカイを庇い、一時的に消息不明となる。その後、アトモスによって助けられていた事が判明したが、戦いの後遺症で心が崩壊してしまう。しかし、カイの戦いを見ているうちに心が戻り、最終話にてようやく少女らしい笑顔を取り戻した。その後はカイにキスするなど積極的になり、彼と恋人同士になった様子。
当初は敵として登場し、終盤でヒロインに昇格した形だが、名前の由来からも、元々主人公であるカイの相手役として設定されたキャラクターである。
命名は恐らくカイと同じく『雪の女王』に登場する少女から。
モラスク
元々はゲルダと同じ村に住んでいたが、フェイクÄRM欲しさに村を売った。バッボ回収の命令を受け、ゲルダと共にカイ達を襲う。ナナシに向けられた討伐隊をフェイクで操り、囮に使う等、残忍な性格の持ち主である。最終的にニードル・ワークにガーディアンを破壊され、ゲルダにも見捨てられた。
キティ
露出度の高い服を着ている女性。高飛車な性格で、カイに対して「激弱」と罵った。
パタータ
小太り気味の老人。ウンヴェッターがメルヘヴンを征服した後、世界中の商業を牛耳るつもりだった。

その他の人物[編集]

リオン
ハーナウに住む少年。カイの友達。フェイクÄRM使いであるが、ÄRM大会ハーナウ地区でエリサに決勝で負けている。少々キザっぽく、カイに対して嫌味だが、子供っぽい性格。ハーナウごとÄRMに封じられていた。
ポラリーノ
ポズンの住んでいる村の美女(但しこれはポズン達の観点からである)。大きさはポズンよりでかい。
人魚
カイ達が乗っている船に突如現れた美しい人魚。顔は自由に変えられる。また、ÄRMを上回る魔力の持ち主で、カイとバッボの関係について知っている模様。カイ達を助けるために、暴走するヤクトを自らが居た島ごと魔法で封じた。
ゴマちゃん
人魚が飼っているアザラシ。マジックストーンを食べて巨大化し暴走、カイとクーゲルを飲み込んだが、カイがマジックストーンを体内から取り除いた為元に戻った。オナラは強烈。
アトモスの妹
アトモスの唯一の理解者。父によって殺される。
アトモスの父
その国の王を務めている(?)アトモスに自分の理想を教え込ませた。天災によってあっけなく死んだ。

ÄRM[編集]

外部リンク[編集]