GRIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GRIN
種類 Privately held company
本社所在地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
設立 1997年
事業内容 ビデオゲームソフトの開発
外部リンク http://www.grin.se/
テンプレートを表示

グリン(GRIN)はスウェーデンストックホルムに存在したビデオゲーム開発スタジオである。

このスタジオの開発するゲームは映像クオリティが高いことで知られ、特にカーアクションやシューティングゲームを中心に制作していた。当初はパソコン向けのゲームを作っていたが、後々アーケード(ゲームセンター)向けの作品やコンシューマー向けのテレビゲームソフトも手がけていた。

最新作は『ターミネーター4 サルベイジョン』(Terminator: Salvation)で、タイトルどおり映画ターミネーター4のゲーム作品である。これはグリンが前に制作した『ウォンテッド:ウェポンズ・オブ・フェイト』(同名の映画をゲーム化したもの)同様、両者ともサードパーソンシューティングゲームである。

2009年8月辺りにスタジオを閉鎖。閉鎖の理由は、あまりにも多くのメーカーが料金の支払いを遅らせていたため、スタジオの資金操りが出来なくなってしまった為だと発表されている。よって、上記のウォンテッドやターミネーターは、スタッフの半数以上がリストラされる中で開発されたことになる。尚、ファイナルファンタジーを題材とした作品も作っていたらしい。


ディーゼル・エンジン[編集]

グリンが開発したゲームエンジンにDiesel Engineen:Diesel (game engine))がある。読んでそのまま『ディーゼルエンジン』で、このゲームエンジンの名称の由来だと考えられる。

このディーゼルエンジンはグリンが最初に手がけた『バリスティック』(en:Ballistics (video game))から最新作の『ターミネーター サルベーション』(en:Terminator Salvation (video game))まで使われ続けた歴戦の勇士で、他の会社のゲームソフトにも採用されている模様である。

作品リスト[編集]

Ballisticsのゲーム画面
Ballisticsのアーケード版

脚注など[編集]

[ヘルプ]

09年5月公開映画『ターミネーター4』のゲーム映像が本編以上に気になる【ダダン ダン ダダンの動画】

外部リンク[編集]

GRINの公式サイト - 英語。
ターミネーター4 ザ・ゲーム - 日本語以外、11ヶ国語。