GIMPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GIMPSGreat Internet Mersenne Prime Search の略称。メルセンヌ素数の発見を目的として1996年に発足した。

分散型コンピューティングによって、参加者のコンピュータの余剰処理能力などを利用して解析、検証作業を行う。参加者は、インターネットから無料でダウンロードできるオープンソースソフトウェアを用いて解析の手助けをする。このプロジェクトは George Woltman によってソフトが作られ、開始された。Scott Kurowski が研究を手助けするサーバを稼動させている。

このプロジェクトはかなり成功しているといえる。14のメルセンヌ素数を発見し、そのうち12が発見時には最大のメルセンヌ素数であり、さらに発見されている素数の中でも最大のものである。現在発見されている最大のメルセンヌ素数は 257,885,161 − 1 である。

GIMPSによって発見されたメルセンヌ素数[編集]

以下はGIMPS参加者が発見した全メルセンヌ素数の一覧である。

1996年11月13日
Joel Armengaud が35番目のメルセンヌ素数、21,398,269 − 1 を発見[1]
1997年8月24日
Gordon Spence が36番目のメルセンヌ素数、22,976,221 − 1 を発見[1]
1998年1月27日
Roland Clarkson が37番目のメルセンヌ素数、23,021,377 − 1 を発見[1]
1999年6月1日
Nayan Hajratwala が38番目のメルセンヌ素数、26,972,593 − 1 を発見[1]
2001年11月14日
Michael Cameron が39番目のメルセンヌ素数、213,466,917 − 1 を発見[2][1]
2003年11月17日
Michael Shafer が40番目のメルセンヌ素数、220,996,011 − 1 を発見[1]
2004年5月15日
Josh Findley が41番目のメルセンヌ素数、224,036,583 − 1 を発見[3][1]
2005年2月18日
Dr. Martin Nowak が42番目のメルセンヌ素数、225,964,951 − 1 を発見[1]
2005年12月15日
Dr. Curtis Cooper と Dr. Steven Boone が現在分かっている中では43番目のメルセンヌ素数、230,402,457 − 1 を発見[1]
2006年9月4日
Dr. Curtis Cooper と Dr. Steven Boone が現在分かっている中では44番目のメルセンヌ素数、232,582,657 − 1 を発見[1]
2008年8月23日
UCLA のコンピュータが現在分かっている中では47番目のメルセンヌ素数、243,112,609 − 1 を発見[1]
これは、1000万桁を越す素数の初めての発見であり、EFF から10万ドルの賞金が与えられる[4]
2008年9月6日
Hans-Michael Elvenich が現在分かっている中では45番目のメルセンヌ素数、237,156,667 − 1 を発見[1]
2009年4月12日
Odd Magnar Strindmo が現在分かっている中では46番目のメルセンヌ素数、242,643,801 − 1 を発見[1]
2013年1月25日
Dr. Curtis Cooper が現在分かっている中では48番目のメルセンヌ素数、257,885,161 − 1 を発見[5][1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 過去最大の新たな素数を発見”. 科学技術・学術政策研究所. 2013年10月25日閲覧。
  2. ^ 分散コンピューティングのGIMPSプロジェクトが405万桁の新素数を発見”. INTERNET Watch (2001年12月10日). 2012年2月5日閲覧。
  3. ^ 最大のメルセンヌ素数を探し続けるグループ、記録を更新”. CNETJapan (2004年5月19日). 2012年2月5日閲覧。
  4. ^ Record 12-Million-Digit Prime Number Nets $100,000 Prize”. 2012年2月5日閲覧。
  5. ^ 「これまでで最大の素数」を発見”. WIRED (2013年2月7日). 2013年10月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]