Ey Iran

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Ey Iran (ペルシア語: ای ایران)はイランで有名で一般的な歌。曲名の意味は「ああ、イラン」であり、歌詞の内容はイランが美しい国でそれを如何に愛しているかを歌っている。この歌詞は、フセイン・ゴレ・ゴラブ(Hossein Gol-e-Golab)により1946年に書かれたもので、曲はルーホッラー・ハーレギー(Ruhollah Khaleghi)により作曲されゴラム・フセイン・バナン(Gholam Hossein Banan)により最初に演奏された。

ゴレ・ゴラブは愛国心から歌を書く決心をした。彼は、次の言葉を言った。「1944年、通りから聞こえる侵略者の軍隊の足音は、どのような愛国者でも驚かすだろう、私はそれからこの歌を書き上げた。ルーホッラー・ハーレギー教授が音楽を作曲し、どのような政治的な弾圧にもかかわらず、この歌は人々の身も心も捉えることができた。」

Ey Iranは現在もしくは昔のイランの国歌と勘違いされることがある。この歌は本当に短い間国歌と同じ地位を占めたが、ウェールズのMen of Harlech(軍隊行進曲の一つ)と同じくイランの人々の文化に影響を与えたものである。この歌はイランの国歌が採用されるまでのシャーの統治期間(1979年2月に退位)非公式に使用された。しかし、今でも一部の反体制派と愛国者は現在と過去の国歌に変わるものとして使用している。パフラヴィー朝を賞賛している旧イラン帝国の国歌と、革命を賞賛している現イラン・イスラム共和国の国歌の元、政治的な思想は別にして、彼らは「Ey Iran」を好む傾向がある。今日のペルシア語アラビア語と交じり合っているが、この歌詞にはアラビア語語源の語は2つしかなく、これは愛国者が注目する点である。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]