ebXML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ebXML (Electronic Business using eXtensible Markup Language、拡張可能なマーク付け言語を用いた電子ビジネス) は、XMLを用いたインターネット上の企業間電子商取引のための仕様群である。UN/CEFACTOASIS(構造化情報標準促進協会)が共同で1999年にebXML Initiativeを立ち上げて仕様開発の活動を開始し、2001年に主要な仕様の初版を公開した。

ebXMLは複数の仕様からなる。その対象範囲は、取引伝票の伝送にとどまらず、取引のプロセスやプロトコルの指定から、企業が取引相手を探すための仕様にまで至る。ただし、伝票のフォーマットはebXMLでは定めておらず、UBLRosettaNet PIPといった他の標準や、あるいは企業が独自に定めた伝票フォーマットを用いることになる。

ebXMLの主な仕様を以下に掲げる。

ebXML Initiativeは初期の仕様の完成をもって解散したが、ebXMLを構成する各仕様はUN/CEFACTとOASISが分担して維持・改版が継続されている。Core Componentsのような業務寄りの仕様をUN/CEFACTが、Message Service等のIT寄りの仕様をOASISが担当している。

また、ISOはOASISやUN/CEFACTから提出されたebXMLの仕様を承認し、ISO/TS 15000 Electronic business eXtensible Markup Language (ebXML) の各パートとして出版している。

  • Part 1: Collaboration-protocol profile and agreement specification (ebCPP)
  • Part 2: Message service specification (ebMS)
  • Part 3: Registry information model specification (ebRIM)
  • Part 4: Registry services specification (ebRS)
  • Part 5: ebXML Core Components Technical Specification, Version 2.01(ebCCTS)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]