電子データ交換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電子データ交換(でんしデータこうかん、EDIElectronic Data Interchange)とは、 標準化された規約(プロトコル)にもとづいて電子化されたビジネス文書(注文書や請求書など)を専用回線やインターネットなどの通信回線を通してやり取りすること。 あるいはこうした受発注情報を使って、企業間の取引を行うこと。

経済産業省による定義では、 「異なる組織間で、取引のためのメッセージを、通信回線を介して標準的な規約を用いて、コンピュータ間で交換すること」となっている。

EDI(電子データ交換)を利用すると、企業は書類の作成や処理のための事務経費を削減できる。 しかし、取引企業間で交換データ形式が異なるとかえって事務量がかさみ上記目的が達成されなくなる。 そのため交換データの形式の統一と、データの機密保持が重要である。

電子データ交換の規格[編集]

電子データ交換において使われるデータの構文 (シンタックスルール) には、国・地域や業界によっていくつかの規格がある。ただし独自フォーマットが使われることも少なくない。代表的な規格としては以下のものがある。

  • UN/EDIFACT - 欧州で開発。ISO 9735、JIS X 7011
    • EANCOM - UN/EDIFACTベースの国際規格
      • 流通標準EDI(JEDICOS) - EANCOMに完全準拠している
  • CII標準 (CIIシンタックスルール、CII標準ベースXML/EDI (CII/XML)) - 日本の標準。JIS X 7012
    • CPSD標準メッセージ (CPSD-NT1A、CPSD-NT2A)
    • 鉄鋼EDI標準
    • 広告取引EDI標準メッセージ集
  • ANSI X12 - 米国の標準
  • 日本チェーンストア協会 標準データ交換フォーマット
  • 日食協標準EDIフォーマット
  • 家電製品協会 EDI標準化仕様
  • 流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)
  • ebXML
  • 物流EDI標準JTRN
  • カミネット EDI規約
  • ラジオスポットCMスケジュール表

日本国内の電子データ交換で使われる伝送手順[編集]

上記手順では電話会社の提供する公衆回線交換網を利用することが前提となっているが、近年ではインターネットを利用した電子データ交換の利用が進展している。 またXMLを採用することや、取り扱うデータ項目の増加に伴い、インターネットの利用と合わせて新たな伝送手順が利用されるようになっている。

交換所・EDIセンター等[編集]

  • JNX (Japan automotive Network eXchange)
  • 鉄鋼EDIセンター
  • 航空機業界EDIセンター
  • 流通システム開発センター
  • カミネット
  • 日本塗料工業会(JPMA) 塗料標準EDIシステム
  • 建設産業情報化推進センター CI-NET
  • 広告EDIセンター
  • 物流EDIセンター
  • 旅行電子商取引促進機構 (JTREC) - UN/CEFACTフォーラムにおいて旅館情報の国際標準化を行っている。
  • 日本銀行金融ネットワークシステム (日銀ネット) - 日銀ネットにおいても、全銀協標準通信プロトコルを使用している。
  • 全国銀行データ通信システム (全銀システム)
  • @MD-Net
  • NACCS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]