RosettaNet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RosettaNet(ロゼッタネット)は、電子商取引標準化団体

メッセージフォーマットにXMLを採用、メッセージの送受信にHTTPベースの独自プロトコルRNIF (RosettaNet Implementation Framework) を使う。

2006年現在本部は米国東海岸にあり、アジア各国、ヨーロッパ、オーストラリアに地域団体 (RosettaNetではアフィリエイトと呼んでいる) がある。日本にはアフィリエイトとしてロゼッタネット・ジャパンがある。

歴史[編集]

RosettaNetは1998年にFadi Chehadeによって設立された。当時イングラムマイクロ社の電子商取引担当の長だったFadiは、パートナー企業との電子情報交換の実装に多大なコストがかかることから、国際標準の必要性を感じていた。Fadiは業界の有力企業に標準化組織の立ち上げを提案し、自ら初代CEOとなった。 名前の由来は、企業間の情報交換のための共通言語を作るという標準化活動の目標から、 Fadiの生まれ故郷の近くで発見されたロゼッタ・ストーンにあやかったものである。

当時の本部はカリフォルニア州サンタ・アナ。

2000年、FadiがCEOを退任、Viacore社を立ち上げる。Jennifer Hamiltonが第二代CEOに就任。

2002年、Uniform Code Council(当時; 現在のGS1 US)と合併、下部組織という位置づけになる。

2004年、Jenniferがプレジデント(UCCとの合併時に役職名が変更されていた)を退任、Herman Stiphoutがプレジデントに就任。

2005年、本部を東海岸に移転。

ebXMLとの関係[編集]

よく誤解されるが、ebXMLはRosettaNetとは主な標準化の対象領域が異なる。RosettaNetは企業間の情報交換の語彙およびプロセス仕様を具体的に仕様化することが目的である一方、ebXMLはそうした業界仕様開発を下支えする技術仕様の策定を目標とする。具体的に言えば、ebXMLには「電子業界のためのメッセージ標準」というものは存在しない。このためRosettaNetとebXMLは本来補完関係にあると言える。ただし、RosettaNetのRNIFはebXML Message Service(ebMS)とほぼ同じ層の技術仕様であり、この点では競合関係にある。もっともRosettaNetがRNIFを開発したのは当時そのような技術仕様が存在しなかったためで(ebMS 1.0の標準化は2001年)、もはやRosettaNetの中心的な関心事ではない。実際RosettaNetは2001年に「RNIFの次期版はebMSに準拠したものになる」という計画を公式に発表しており、2004年にはebMS 2.0、AS2、WS-I BP 1.0をメッセージ送受信プロトコルとして採用する技術プログラムを開始している。

CCTSおよびUN/CEFACT Core Component Library (ebXML Core Componentsを参照) をRosettaNetに採用する可能性も検討されているが、メッセージ仕様が大きく変更されることになるため、関係者の間では慎重に対応すべきとの意見が根強い。

外部リンク[編集]