D-アラビニトール-2-デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D-アラビニトール-2-デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.250
CAS登録番号 336883-93-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

D-アラビニトール-2-デヒドロゲナーゼD-arabinitol 2-dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

D-アラビニトール + NAD+ \rightleftharpoons D-リブロース + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質D-アラビニトールNAD+、生成物はD-リブロースNADHとH+である。

組織名はD-arabinitol:NAD+ 2-oxidoreductase (D-ribulose-forming)で、別名にD-arabinitol 2-dehydrogenase (ribulose-forming)がある。

参考文献[編集]

  • Wong B, Murray JS, Castellanos M, Croen KD (1993). “D-arabitol metabolism in Candida albicans: studies of the biosynthetic pathway and the gene that encodes NAD-dependent D-arabitol dehydrogenase”. J. Bacteriol. 175: 6314–20. PMID 8407803. 
  • Quong MW, Miyada CG, Switchenko AC, Goodman TC (1993). “Identification, purification, and characterization of a D-arabinitol-specific dehydrogenase from Candida tropicalis”. Biochem. Biophys. Res. Commun. 196: 1323–9. doi:10.1006/bbrc.1993.2397. PMID 8250887.