D-アミノ酸デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「D-アミノ酸デヒドロゲナーゼ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
D-アミノ酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.4.99.1
CAS登録番号 37205-44-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

D-アミノ酸デヒドロゲナーゼ(D-amino-acid dehydrogenase)は、D-アミノ酸をそれぞれ対応するケト酸に酸化するバクテリア酵素である。補因子としてフラビンと非ヘム鉄を含む[1]。この酵素は広範囲の特異性を持ち、ほとんどのD-アミノ酸に作用する[2]

D-アミノ酸 + H2O + 受容体 \rightleftharpoons 2-オキソ酸 + NH3 + 還元型受容体

この反応は、第二基質に酸素を用いるD-アミノ酸オキシダーゼによる酵素反応とは異なり、このデヒドロゲナーゼはいくつかの電子受容体を用いることが可能で、補酵素Qのような生理学的基質を用いる[1][3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Olsiewski PJ, Kaczorowski GJ, Walsh C (25 May 1980). “Purification and properties of D-amino acid dehydrogenase, an inducible membrane-bound iron-sulfur flavoenzyme from Escherichia coli B”. J. Biol. Chem. 255 (10): 4487–94. PMID 6102989. http://www.jbc.org/cgi/reprint/255/10/4487. 
  2. ^ Tsukada K (10 October 1966). “D-amino acid dehydrogenases of Pseudomonas fluorescens”. J. Biol. Chem. 241 (19): 4522–8. PMID 5925166. http://www.jbc.org/cgi/reprint/241/19/4522. 
  3. ^ Jones H, Venables WA (1983). “Effects of solubilisation on some properties of the membrane-bound respiratory enzyme D-amino acid dehydrogenase of Escherichia coli”. FEBS Lett. 151 (2): 189–92. doi:10.1016/0014-5793(83)80066-0. PMID 6131836. 

外部リンク[編集]