Cray T3E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cray T3E
T3E-600 のプロセッサ基板

Cray T3Eクレイ・リサーチが1995年にリリースした第二世代の超並列スーパーコンピュータアーキテクチャである。それ以前の Cray T3D と同様、完全な分散メモリ型マシンであり、3次元トーラス構成のインターコネクト・ネットワークを使っている。当初、DEC Alpha 21164 (EV5) マイクロプロセッサを使い、8PE(Processing Element)から2176PEまで構成可能であった。各PEは、64MBから2GBまでのDRAMと6本のインターコネクト・ルータ(実質帯域幅はそれぞれ480MB/s)を持つ。T3D も含めた他の超並列マシンとは違って完全自律型(ホストコンピュータを必要としない)であり、UNICOS/mk という分散オペレーティングシステムが動作し、トーラス・ネットワーク上に各種I/O(ネットワーク、ディスク、磁気テープなど)も組み込まれている。

最初の T3E(後に T3E-600 と呼称)のクロック周波数は300MHzであった。後に高速な 21164A (EV56) プロセッサを使い、T3E-900(450MHz)、T3E-1200(600MHz)、T3E-1200E(メモリとインターコネクトの性能を改善)、T3E-1350(675MHz)が登場。空冷と液冷を選択できる。空冷の場合、PE数は最大128で、液冷では2048である。

1998年、1480プロセッサ構成の T3E-1200 は、計算科学のアプリケーション実行で世界初の1TFLOPSの性能を達成した[1]

外部リンク[編集]