Cool'n'Quiet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Cool'n'Quiet(クールンクワイエット)とは、AMD K8系以降のCPUに実装されている省電力技術である。

概要[編集]

Cool'n'Quietという名称は"Cool and Quiet"の略で、さらにCnQと略されることもある。

Cool'n'Quietの機能は、CPUの負荷に応じてプロセッサの電圧と周波数を低下させることで、消費電力と発生する熱を抑えることである。また、これにより冷却ファンの能力を下げることができ、騒音の低下も期待できる。

この技術はインテルSpeedStepやAMD自身のPowerNow!と類似しているが、それらはバッテリー使用時での動作時間を向上する目的で開発されたものである[1]

Computerworld.jpの行ったテストでは、Cool'n'Quietを利用しない場合と比べてベンチマークに要した時間が若干増加した。しかし、テストを通じての積算電力量は減少し、「消費電力抑制に多大な効果を挙げている」と解説している[2]

駆動周波数と駆動電圧[編集]

Cool'n'Quietが機能しているときの周波数と電圧は、CPUに設定されているP-Stateによって決定される。

Athlon 64の場合、最小時800MHz/1.3V(SH-C0リビジョン)または1GHz/1.1V(SH-CGリビジョン以降)、中間は最大値から1.8GHzまで、200MHz/0.1V刻み(DH-CGリビジョンまで)または200MHz/0.05V刻み(DH-D0リビジョン以降)で変化する。
マザーボードによってはHyperTransport設定を変える事で最低倍率を下げられる。×4なら4倍、×5なら5倍。殆どのノートパソコンはHT×4で動いており800MHzが下限である。

Athlon 64 FX(Socket939モデルのみ)の場合、最小時1.2GHz/1.1Vのみで、中間の設定はない。

サポートしているプロセッサ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]