Advanced Maryland Automatic Network Disk Archiver

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amanda
開発元 メリーランド大学カレッジパーク校、Zmanda
最新版 2.6.1p1 stable[1] / 2009年4月10日(5年前) (2009-04-10[1]
プログラミング言語 C言語
対応OS Linux, Solaris, Windows, OS X
サポート状況 活発
種別 バックアップ
ライセンス Amanda Copyright and License[2]
公式サイト http://www.amanda.org/
テンプレートを表示

Advanced Maryland Automatic Network Disk ArchiverAmanda)は、オープンソースのアーカイビングツールであり、コンピュータネットワーク上の複数のコンピュータに分散して存在するデータのバックアップが可能である。クライアントサーバモデルであり、以下を含む。

  • バックアップサーバとクライアント
  • テープサーバ
  • インデックスサーバ

これら3つのサーバは同じマシン上で動作させる必要はない。

Amandaは当初メリーランド大学カレッジパーク校で開発され、BSD風のライセンスでリリースされていた[3]。フリーなコミュニティ版と完全サポートのエンタープライズ版がある。ほとんどのUnix系Linux系システムで動作する。SambaまたはCygwinを使えばWindowsもサポートできるし、Win32ネイティブのクライアントもある。[4]

磁気テープでのバックアップハードディスクでのバックアップを両方サポートしており、他のバックアップ製品にはない便利な機能もある[5]。例えば、バックアップが1本のテープに収まらない場合、複数本のテープに分割して格納する機能がある。また、知的スケジューラがあり、バックアップを含めた計算リソース利用の最適化を図ることができる。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]