Advanced Host Controller Interface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Advanced Host Controller Interface (AHCI)とは、インテルが策定したシリアルATA (SATA)ホストバスアダプタインターフェース仕様である。

AHCIではホストシステムのストレージデバイスシステムメモリ間でのデータ交換などについて定義されている。 これにより、システムの設計、開発者の負担を減らすことができ、また、NCQホットスワップなどの高度な機能が利用できるようになる。 AHCIはあくまでシリアルATAを扱うホストコントローラーの規格であり、シリアルATAの規格とは別のものである。

最新の規格は2008年に策定されたv1.3である。

モード[編集]

2011年現在市場に出回っている多くのシリアルATAコントローラーは、IDEエミュレーションモード、AHCIモード、コントローラーメーカー独自のRAIDモードなどを持つが、インテルは(それら複数のモード内から選択できるのであれば)RAIDモードの使用を推奨している。これは、RAIDの動作を実現するために内部ではAHCIが有効になっている場合が大半であり、一番柔軟な動作が可能だからである。

IDEエミュレーションモードは、例えばオペレーティングシステム側がシリアルATAに対応しておらず、シリアルATA接続のハードディスクドライブを認識しない場合などに使用される。

対応するオペレーティングシステム[編集]

Windows VistaLinuxカーネル2.6.19、OpenBSD 4.1、Mac OS XSolaris 10などでサポートされるようになった。実際に使用するにはAHCIシリアルATAコントローラー[1]に加えて、左記に挙げたものないしはより新しいオペレーティングシステムと、AHCIのデバイスドライバが必要となる。

脚注[編集]

  1. ^ インテルの場合、多くはI/O コントローラー・ハブ(ICH)に内蔵(内包)される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]