1969年マレーシア総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1969年総選挙とは、マレーシア独立以来、第3回目の総選挙のこと。1969年5月10日、半島部マレーシアで実施され、1月後に、東マレーシアでも実施された。選挙結果は、議会の大多数を占める国民戦線(UMNOマレーシア華人協会マレーシア・インド人会議)が大きく議席数を減らした。

華人系政党であるマレーシア民政運動党(GRM)及び民主行動党(DAP)が、憲法153条条項によって規定されていたマレー人優遇の政策で、特権でもあるブミプトラ政策に対して反対のキャンペーンを展開し、議席数で大幅な躍進を勝ち取った。

その後、華人系政党を支持した青年が首都クアラルンプールを行進、マレー人と衝突、5月13日事件へ発展する契機となった総選挙である。

選挙結果[編集]

凡例:Aliance=国民戦線(統一マレー国民組織・中国人協会・インド人会議),DAP=民主行動党,PMIP=全マラヤ回教党,GRM=マレーシア民政運動党,PPP=人民進歩党,PR=人民党,SF=社会主義戦線,UDP=民主連合党

連邦議会選挙結果
Aliance DAP PMIP GRM PPP PR 無所属 (SF) (UDP)
合計 168(240) 32 40(25) 26 12(5) 3 1 (8) (4)
ペルリス 11(11) 1(01)
ケダ 14(24) 8 2
ケランタン 11(09) 19(21)
トレンガヌ 13(21) 11(03)
ペナン 4(18) 3 16 1 (2) (4)
ペラ 19(35) 6 1 2 12(5)
パハン 20(24) 1 2 1
セランゴール 14(24) 10 4 (4)
ネグリ・スンビラン 16(23) 8
マラッカ 15(18) 4 1 (2)
ジョホール 31(32) 1
出典:10.連邦議会選挙結果。国家機構図・名簿・ドキュメント(アジア経済研究所アジア動向年報』)
注:カッコ内の数字は前回1964年4月の選挙結果である。

参考文献[編集]