1,3-ジオキソラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1,3-ジオキソラン[1]
識別情報
CAS登録番号 646-06-0 チェック
PubChem 138198
ChemSpider 121835 チェック
特性
化学式 C3H6O2
モル質量 74.08 g/mol
密度 1.06 g/cm3
融点

-95 °C, 178 K, -139 °F

沸点

75 °C, 348 K, 167 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,3-ジオキソラン(1,3-dioxolane)は、C3H6O2という分子式を持つ複素環式化合物で、アセタール構造を持つ。単にジオキソランとも呼ばれ、溶媒やデルリン(ポリオキシメチレン)製造の際のコモノマーとして利用される。構造が似た化合物に、テトラヒドロフランジオキサンがある。また構造異性体の 1,2-ジオキソランは有機過酸化物に分類される。

1,3-ジオキソランはエチレングリコールカルボニル基をアセタール化することによって得られる。(+)-cis-ジオキソランは、ムスカリンアセチルコリン受容体のアゴニストである L-(+)-cis-2-メチル-4-トリメチルアンモニウムメチルヨウ化-1,3-ジオキソランの慣用名である。

出典[編集]

  1. ^ 1,3-Dioxolane at Sigma-Aldrich
  2. ^ formal glycol - PubChem Public Chemical Database