(153591) 2001 SN263

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(153591) 2001 SN263」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(153591) 2001 SN263
仮符号・別名 2001 SN263
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アモール群
火星横断
発見
発見日 2001年9月20日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 1.986 AU
近日点距離 (q) 1.036 AU
遠日点距離 (Q) 2.937 AU
離心率 (e) 0.478
公転周期 (P) 2.80 年
軌道傾斜角 (i) 6.69
近日点引数 (ω) 172.82 度
昇交点黄経 (Ω) 325.85 度
平均近点角 (M) 235.09 度
衛星の数 2
物理的性質
直径 2 or 2.8 km
平均密度 0.7 - 1.0 g/cm3
自転周期 3.434
or 3.425 時間
絶対等級 (H) 16.861
アルベド(反射能) 0.04
■Project ■Template

(153591) 2001 SN263は、アモール群に属する地球近傍小惑星の一つである。2001年9月20日リンカーン地球近傍小惑星探査プログラムによって発見された。

2008年2月12日から3日間に渡って、アレシボ天文台コーネル大学のMichael C. Nolanらの研究グループが近日点を通過(2月11日)した直後の2001 SN263に対してドップラー・レーダーによる観測を行った。その結果、2001 SN263は2つの衛星を持つことが判明した。地球近傍小惑星で2つの衛星を持つことが分かったのはこの星が初めてである。なお、1月にオート=プロヴァンス天文台で行われた観測でも衛星の存在を示唆するデータが得られていた。

2008年2月20日地球に約985万km(約0.06586天文単位)まで接近した。

2001 SN263の衛星
名前 直径
(km)
軌道
傾斜角
(度)
離心率 軌道
半長径
(km)
公転
周期
(時間)
S/2008 (153591) 2 0.4 or 0.5  ?  ? ~4 ~17 or (46.1 ± 0.3)
S/2008 (153591) 1 1 or 1.2  ?  ? ~17 ~147

関連項目[編集]

外部リンク[編集]