黒帽子族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒帽子族 / 黒頭巾族[1] / チョールヌィ・クロブキ[1]ウクライナ語Чорні клобуки; テュルク語:Qaraqalpaq、意訳:「黒帽子」)は、11世紀から13世紀にかけてキエフ公国の南部、ローシ川周辺を中心に居住した定住遊牧民の集団の総称である。テュルク系部族[2]ペチェネグ人トリクリ人ベレンデイ人など)によって構成された。

概要[編集]

キエフ大公に仕え[1]、軍役を務めてキエフの南部を警固し、大公によるルーシの諸公やポロヴェツ族などとの戦いに参陣した。公国の政治に関わり、貴族と共に大公を選ぶ権利を有した。

13世紀以後、黒帽子族の一部はルーシ人によって同化され、一部は草原に帰ってポロヴェツ族と混合した。現在のカラカルパク人との関連性は不明である。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 清水睦夫「ロシア国家の起源」p55
  2. ^ 清水睦夫「ロシア国家の起源」p56

参考文献[編集]

  • 伊東孝之・井内敏夫・中井和夫(編)『ポーランド・ウクライナ・バルト史』、世界各国史、山川出版社、1998年.
  • 黒川祐次『物語ウクライナの歴史』、中央公論新社、2002年.
  • 清水睦夫「ロシア国家の起源」 // 『世界歴史体系 ロシア史 1 -9世紀~17世紀-』、田中陽兒・倉持俊一・和田春樹編、山川出版社、1995年。

外部リンク[編集]