黄斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄斑(おうはん)とは、網膜中心部にある黄色の部位で、黄斑の中心に中心窩がある[1]眼球の最重要器官[要出典]。この部分でいわゆる「見えるもの」を判断する。

キサントフィルという色素が局在しているため黄色を呈している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]