鳥居信平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳥居 信平(とりい のぶへい、明治16年(1883年) - 昭和21年(1946年))は、台湾で活動した農業土木技術者

履歴[編集]

1883年静岡県袋井市に生まれる。第四高等学校(四高)東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省などを経て、1914年に農業土木の専門家として台湾製糖へ入社する。

四高では八田與一の3年先輩にあたる。

台湾南部一帯でサトウキビなど農業生産を高めるための工事を指揮した。現在も屏東県には鳥居が工事に携わった地下ダム農業用水路が現存している。

外部リンク[編集]