飾り迫縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飾り迫縁(かざりせりぶち)またはアーキヴォールト(archivolt)は、アーチに沿って付けられた装飾用の繰形である[1]。帯状の装飾的繰形(その他の建築要素)で構成され、アーチ状の入り口を囲んでいる。四角い入り口の場合のアーキトレーブに対応する。アーチの下面や内面の曲線そのものを指すこともあるが、そちらは正確には「内輪 (intrados)」と呼ぶ。

アーキヴォールトはイタリア語(またはフランス語)が起源であり、英語の単語 archvault の組合せに等しい。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Ching, Francis D.K. (1995). A Visual Dictionary of Architecture. New York: John Wiley & Sons, Inc.. pp. 12. ISBN 0-471-82451-3. 

外部リンク[編集]