食道裂孔ヘルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

食道裂孔ヘルニア(しょくどうれっこうヘルニア, hiatal hernia)とは、元来腹腔内にあり、食道裂孔よりも挙上するべきでないの一部が、胸腔内へ逸脱した病態を指す。逆流性食道炎(あるいは胃食道逆流症 : gastro-espphageal reflux disease; GERD)を引き起こすことがある。