革砥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
剃刀と革砥

革砥(かわと)とは、刃物研磨する目的で研磨剤を塗りこんだものである。

概説[編集]

理髪店などで剃刀を研ぐのに用いられることが多い。

精密に仕上げた刃物は、わずかに使っただけですぐに研ぎたての切れ味を失ってしまう。しかし多くの場合、ただちに砥石を引っ張り出してくる必要はなく、研磨剤の上を数回往復させれば切れ味を復活させることができる。この操作をタッチアップと呼ぶ。タッチアップには携帯のし易さの点からセラミック焼結させた棒なども用いられるが、刃先への微妙な力加減や研磨剤の粒度などから切れ味は革砥を用いたほうが上である場合が多い。

出来上がったものを買うよりは、使う各々が材料を買ってきて自作するケースが多いようである。

作り方[編集]

革・板・研磨剤を用意し、革の裏側(毛羽立った側)を上にして板に貼り付け、その表面に研磨剤を塗りこむのがオーソドックスな作り方である。研磨剤には「青棒」と呼ばれる、ワックスと研磨剤を塗り固めたものが用いられることが多い。

関連項目[編集]