革砥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
剃刀と革砥

革砥(かわと)とは、主に剃刀をラッピングによって仕上げるための帯状のである。

概説[編集]

剃刀は使用にしたがって刃先が磨耗し、当初の切れ味を失っていくが、軽度な磨耗の場合は砥石を用いずとも、研磨剤を塗った革砥の上を数回往復させれば切れ味を復活させることができる。また剃刀の刃先は、砥石で研いだだけでは微視的に荒れているため、革砥で摩擦(ラッピング・琢磨)し、バリを取り、肌を傷つけないよう滑らかな刃先に整えなければならない。この点で、ヤスリを使う包丁のタッチアップとは異なる。

市販品の革砥の多くは二枚合わせになっており、一面は表革(通常コードバンが用いられる)、他の面は、裏革(けば立った面)になっており「青棒」などと呼ばれる研磨剤をすり込んで使用する。 刃をすぺらせる方向は砥石とは逆で、刃の背の方向に引く。磨耗の程度に応じて、表裏を使い分ける。板に革を貼りつけて研磨剤を塗り、自作する者もいる。