静定構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

静定構造(せいていこうぞう、: statically determinate)とは力の釣り合いから応力分布(モーメント図、剪断図)が決まる構造のことである。安定を保ために、必要最低限の拘束数しか受けない構造物である。

判別式[編集]

n+s+r-2k<0 不安定
n+s+r-2k=0 静定構造(必要条件)
n+s+r-2k>0 不静定構造

ここで

k:節点数
s:部材数
n:反力数
r:耐接接合材数(1材の1つの節点に剛接される他の材の数)

[編集]

  • 3ヒンジラーメン
  • 片持ち梁

参考文献[編集]

  • 建築構造ポケットブック編集委員会 「建築構造ポケットブック」 共立出版、2003年