金陵協和神学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧住所の金陵協和神学院 (南京)

金陵協和神学院(きんりょうしんがくいん、中国語: 金陵协和神学院英語: Nanjing Union Theological Seminary)は中国南京(古名:金陵)にある中国プロテスタント・キリスト教神学校である。1911年に開校した金陵聖経(聖書)学校に始まり、新中国発足後には1952年に三自愛国運動の影響下で、プロテスタント諸教派の神学校を合同して発足した。当時呉耀宗が指導し、丁光訓主教が長らく校長(総長)を務めた。中国内には瀋陽北京などにあるいくつかの神学校の頂点に立つ。 [1] [2]

2005年にはこれまでの鼓楼区大鐗銀巷17号から大学城への移転を決定して、2008年には移転を終り、新住所は江寧区大学城樵歌路100号である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金陵協和神学院 (百度百科) (中国語)
  2. ^ 金陵協和神学院 (互動百科) (中国語)

外部リンク[編集]