郭威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太祖 郭威
後周
初代皇帝
王朝 後周
在位期間 950年 - 954年
都城 開封
姓・諱 郭威
文仲
諡号 聖神恭肅文武孝皇帝
廟号 太祖
生年 904年
没年 954年
郭簡
郭氏[要出典]
皇后 柴氏(死後追贈)
陵墓 嵩陵
年号 広順 : 951年 - 953年
顕徳 : 954年
※柴氏は郭威が即位する前に死去したため皇后を追贈された

郭 威(かく い)は五代後周の初代皇帝

出生[編集]

堯山河北省隆堯県)出身。父郭簡は、晋王・李克用の時代に刺史に任じられる高官であったが、郭威が幼少の頃、戦争に巻き込まれて戦死したために家門は没落する。やがて一兵卒から立身し、劉知遠にその才能を見出され重臣となった。劉知遠が後漢を建国するに際し大功を挙げ、枢密副使にまで昇進している。

即位[編集]

948年、劉知遠が没して劉承祐(隠帝)が即位すると枢密使に昇進する。さらに契丹を撃退するなど多大な軍功があり、人望を集めたという。そのため、その実力を劉承祐に恐れられるようになり、一族を皆殺しにされたうえ、自身も命を狙われるようになる。このため、軍と共に逆に反乱を起こして劉承祐を殺害し、劉知遠の甥(劉崇の子)劉贇(順帝湘陰公)を皇帝に立てたが、間もなく殺害して自ら皇帝として即位し、後周を立てたのである。

即位してからの郭威は、農村復興や節度使の統制、軍事力の強化など、内治に力を注いだという。

家族が皆殺しにされてしまったために、郭威とともに行動していて難を逃れた甥の柴栄(皇后柴氏の弟柴守礼の子)が後継者(世宗)となった。

子女[編集]

[編集]

  • 柴栄(養子)
  • 剡王郭侗(郭青哥)
  • 巳王郭信(郭意哥)

[編集]

  • 楽安公主(莒国長公主)
  • 寿安公主(晋国長公主)
  • 永寧公主(梁国長公主)

年号[編集]

先代:
後周皇帝
初代:950年 - 954年
次代:
世宗