趙鼎権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
趙鼎権
誕生 1949年2月22日[1]
韓国の旗 韓国ソウル特別市
職業 詩人
言語 韓国語
国籍 韓国
教育 中央大学校英語教育学科
活動期間 1970年 -
ジャンル
処女作 흑판(黒板)
テンプレートを表示
趙鼎権
各種表記
ハングル 조정권
漢字 趙鼎権
発音: チョ・ジョングォン
英語表記: Cho Jeong Kwon
テンプレートを表示

趙鼎権(Cho Jeong Kwon、チョ・ジョングォン、1949年2月22日- )は韓国詩人ソウル特別市出身。[1][2]

略歴[編集]

1949年2月22日ソウル特別市に生まれる。1970年、『現代詩学』に『흑판(黒板)』が推薦され、登壇した。

趙の詩は鋼鉄のように強い感じを受けるが、それは趙が自分の全てを投げて対象にぶつけ、その対象から跳ね返る弾力による言語を駆使しているためである。1977年に発表した初の詩集『비를 바라보는 일곱 가지 마음의 형태(雨を見つめる七つの心の形)』は少年的感受性と観照的な傾向を見せている。建築や舞踊、美術など他の芸術に深い興味を持ち、1982年『시편(詩篇)』を発売するときも美術や音楽に心酔していた。1985年発表した『허심송(虚心頌)』は欲のない寛大な心と東洋的隠逸の世界を渇望する作品である。また、1987年から1991年まで書いた30編の連作詩『산정 묘지(山頂墓地)』は、神聖な汎神主義の世界をみせ、観念の極地を成す。趙はリアリズムとモダニズムで代表された1970~1980年代に中立的な立場で形而上学的精神主義詩の新しい地平を開いたと評価されている。

年譜[編集]


代表作品[編集]

  • 1977年、비를 바라보는 일곱 가지 마음의 형태(雨を見つめる七つの心の形) [3][4]
  • 1982年、시편(詩篇)
  • 1985年、허심송(虚心頌)
  • 1987年、하늘 이불(空布団)
  • 1991年、산정 묘지(山頂墓地)
  • 1994年、신성한 숲(神聖な森)
  • 2005年、떠도는 몸들(さまよう体)
  • 2011年、고요로의 초대(静寂への招待)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [2] 한국문학번역원 문인DB 조정권 2014年閲覧。
  3. ^ [3] NAVER(韓国現代文学大辞典) 2014年閲覧。
  4. ^ [4] NAVER(Doosan百科) 2014年閲覧。