起立した野獣へのモニュメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「起立した野獣へのモニュメント」

起立した野獣へのモニュメントMonument With Standing Beast)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにあるジャン・デュビュッフェ作の彫像(パブリックアート)。シカゴダウンタウンのループ地域にあるジェームズ・R・トンプソン・センター(イリノイ州庁舎)正面に所在。

高さ8.8m、重量約9トンの白いグラスファイバー製の作品[1][2]1984年11月28日公開[2]

概要[編集]

デュビュッフェの米国にある3つの巨大彫像のうちの一つ。グラフィティ(落書き芸術)、カリカチュア(戯画)、ストリート・ランゲージを交えたアーバンスタイルを使って、4つの要素、すなわち、立ち上がった動物、木、玄関、建築物を並置している[1]

この彫像は、デュビュッフ自身が「ウルループ (l'Hourloupe, ルールループ)」と呼ぶ1960年代の絵画群をベースにしている[3]。また、この彫像を含む一連の作品群は、デュビュッフの米国最初の作品であるニューヨークのワン・チェース・マンハッタン・プラザ(One Chase Manhattan Plaza)の巨大彫像における着想を反映している[3]

ジェームズ・R・トンプソン・センターに置かれたイリノイ州建築芸術プログラム19作品の一つ。同プログラムはイリノイ州資本開発委員会(Illinois Capital Development Board)の委託事業である。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Artropolis”. Merchandise Mart Properties, Inc. (2007年). 2007年5月30日閲覧。
  2. ^ a b Dubuffet: Monument with Standing Beast”. Chicago Public Library (1996年8月). 2007年6月6日閲覧。
  3. ^ a b Monument with Standing Beast”. 2007年6月6日閲覧。