試割り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

試割り(しわり、ためしわり)とは、空手道中国拳法などで行われる形稽古の一つで、演武会の中でも行なわれる。

自らの拳足(主に手足)がいかに鍛えられたかを試すために様々な素材のものを突き技蹴り技打ち技受け技などで割る事をいう。試割りで使用される素材は、板)、、氷柱、バット角材ビール瓶コンクリートブロック、自然石などがある。また、自らの身体全体で三尺か4尺棒を直接打ち込ませ、棒を折る演武もある。

極真会館各派選手権大会の試割りのルールは、自身で枚数を決定できるが失敗した際は3枚でやり直しになる。