西バージニア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西バージニア軍(Army of West Virginia)
創設
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国北軍
軍種 Usdowseal.jpg アメリカ陸軍
兵科 (実質的には軍団
主な戦歴 南北戦争

西バージニア軍(Army of West Virginia)は南北戦争中の北軍野戦軍。 主として西バージニア、南西バージニア、シェナンドー渓谷で活動した。隷下の第23オハイオ連隊には、将来アメリカ大統領となるラザフォード・ヘイズ(第19代大統領)及びウィリアム・マッキンリー(第25代大統領)が所属していた。

歴史[編集]

1864年7月25日、ジョージ・クルック少将が西バージニア軍管区(the Department of West Virginia)の司令官に任命された。クルックは当時カナウハ軍(Army of the Kanawha)の司令官を務めていたため、直ちに新しい任務につくことができず、実際の着任は8月9日となった。この際、西バージニア軍と改称されている。「軍」という名称ではあるが、実質的には「軍団」規模(3個師団)であり、フィリップ・シェリダン少将のシェナンドー軍の下部組織となった。このため、しばしば西バージニア軍は第8軍団と呼ばれることがある[1]。しかし、当時ルー・ウォーレスを軍団長とし、ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道の防衛を任務とした正規の第8軍団が存在しており、これとは別組織であるため、混同してはならない。クルックの西バージニア軍は1864年のバレー方面作戦の多くの戦闘に参加した。

第1師団の師団長はジョン・ソバーン(Joseph Thoburn)大佐で、ソバーンがシーダークリークの戦いで戦死した後は、トーマス・ハリス大佐が第1師団長となった。第2師団(カナウハ師団)はイザック・デュバル大佐が師団長を努めたがオペクォンの戦いで重傷を負い、その後はラザフォード・ヘイズが師団を率いてシーダークリークで戦った。ジョン・キッチング(J. Howard Kitching)を師団長とする特設師団がシーダークリーク直前に加わった。特設師団の兵力は約1,000名で第6ニューヨーク砲兵連隊が所属していたが、それ以外の詳細は不明である[2]。キッチングはシーダークリークで重傷を負い、 それが原因で翌年死亡した。

シェナンドー渓谷での戦闘が終了した1864年12月19日、西バージニア軍の名称は廃止され、西バージニア軍管区と呼ばれることとなった。

軍団長[編集]

参戦した主たる戦闘[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Eicherの著作Civil War High Commandsでは、西バージニア軍が第8軍団と同義に使われたか確認していない
  2. ^ Cedar Creek Battlefield

参考資料[編集]