華羅庚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
華羅庚
プロフィール
出生: 1910年11月12日
死去: 1985年6月12日
出身地: 清の旗 江蘇省金壇市
各種表記
繁体字 華羅庚
簡体字 华罗庚
拼音 Huà Luó-Gēng
和名表記: か らこう
発音転記: フア ルオゴン
テンプレートを表示
華羅庚(1956年

華羅庚(か らこう)は中華人民共和国数学者。中国国内で非常に知られ、世界中にもっとも有名な科学者の一人とされる。主の研究領域は解析数論古典群多変数複素解析保型関数論などである。生涯中にはおよそ200篇の論文を発表した。陳景潤は衆弟子の一人。

1952年中国科学院数学所の最初の所長を担任した。1958年中国科学技術大学数学系の最初の主任を担任した。

1985年6月12日、華羅庚は招請に応じて東京大学での学術講演を行った際、講演の最後に心臓病により演壇で倒れ、病院へ搬送されたがそのまま死去した。

外部リンク[編集]