苻融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

苻 融(ふ ゆう、Fu Róng、生年不詳-383年 )は、五胡十六国時代前秦皇族。第3代皇帝苻堅天王)の異母弟(末弟[1])で、王・苻雄の末子。博休諡号哀公

生涯[編集]

伯父・苻健の代に、陽平公に封ぜられる。異母兄苻堅の代になって、漢族王猛丞相に昇格すると、その後任として冀州として赴任する。彼は兄・苻堅からの信頼が篤く、冀州全域を統括しその秩序を保った。また、優れた統率力で将兵の信望を得たという。

375年に王猛が病没したために、長安に召還され、侍中・中書監・司隷校尉・太子太傅・録尚書事などを歴任。同時に、兄苻堅の夫人の張貴妃と甥の中山苻詵僧侶道安と共に東晋に遠征しないように懸命に諫言を繰り返したが聞き容れられなかった[2]

383年建元19年)の淝水の戦いでは、彼は征南大将軍に任じられて、先鋒隊として20万の兵を率いて、東晋の寿春安徽省寿県)を攻略した。やがて、兄が率いる本隊が到着して、東晋と決戦に臨んだ。だが、かつて東晋の梁州刺史だった降将の朱序が「後秦の大敗北!大敗北!」と突如叫んで、再び東晋に帰参して前秦を裏切って苻堅の本隊を襲撃。同時に東晋本隊の攻撃を受けたため、前秦軍は総崩れとなり、苻融は兄と共に敗走するがその最中に戦死した。

人物[編集]

苻融は兄をよく補佐した。兄が異民族を重用して自らの氐族を遠ざける施策を行っている時には「陛下(苻堅)は鮮卑や羌を可愛がり、彼らをお膝元の畿内に住まわせ、同族である氐を遠方に派兵しておられる。鮮卑らは皆国の賊であり、我らの仇でございます」と泣いて諫言したが、聞き入れられなかった[1][3][注釈 1]

また兄が南征を計画した際には、東晋は謝安などの人材が揃い、長江の険に守られているので攻撃はたやすくなく、中原平定の後間が無く将兵が疲れている。鮮卑や羌などの異族を可愛がり、氐族をないがしろにしている現在の状況は国家にとって危ういと諫言したが、これも聞き入れられず南征は強行された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 晋書』苻堅載記下

引用元[編集]

  1. ^ a b 川本『中国の歴史、中華の崩壊と拡大、魏晋南北朝』、P91
  2. ^ 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P94
  3. ^ 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P100

参考文献[編集]