臂章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

臂章(ひしょう)は、制服等の上衣に、肩の線に沿って留められている付属品の名称。善行章兵科を表示するものも多く、軍隊自衛隊含む)などでは階級章の一種として用いられることもある。また、単に装飾目的から付されることもある。

臂章の種類[編集]

臂章は、軍隊などで任務や兵科を表すために佩用することが多く、軍服制服)や防寒服などに縫いつけるのが一般的である。主な臂章の例としては大日本帝国陸軍下士官勤務臂章などがある。陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊では精勤章と呼ばれ、臂章を制服に付ける。

関連項目[編集]