腸陰窩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
腸陰窩
Small intestine low mag.jpg
写真下1/3の部分にリーベルキューン腺小窩を示す小腸粘膜の顕微鏡写真、H&E染色
概要
ラテン語 glandulae intestinales
外部リンク
グレイの解剖学 p.1174
ドーランド
/エルゼビア
g_06/12392417
TA A05.6.01.012
FMA FMA:71621
解剖学用語英語版

腸陰窩(ちょういんか、:Intestinal crypt)は、リーベルキューン腺小窩(Crypt of Lieberkuhn gland)、腸腺(Intestinal gland)とも呼ばれ、小腸大腸上皮で見つかっているである。 この腺は、エンドペプチターゼエクソペプチターゼとともにスクラーゼマルターゼを含んだ様々な酵素を分泌している。この部分では通過する食物によって上皮が磨耗されるため新しい上皮が生成される。この部分で補修が間に合わない場合には大腸がん等原因になると考えられている。

外部リンク[編集]